« おもいつき | トップページ | こよみ »

2007/03/03

お風呂

もともとはササッと済ませてしまう質だったけど、さいきんは体を温めるために30分くらいは湯船につかっています。
ただつかってはいられないので(暇すぎて)読書をしますが、基本的には湯船に落としても惜しくないもの。(立派な装丁のものはNG!)あとは、ただでさえふにふにな頭がお風呂でさらにふにふにになっているから、論文とか難しいものは向きません。なので、小説とかエッセイとか漫画とか。

今日は、ずいぶん前に買った某人気作家の本を引っ張り出してきました。
それは、ちょっと読んでみようかと思って、でも読みはじめたら反りが合わなくて、ずっと放ってあったのですが私の定めた「お風呂向き」の本が品薄だったので。
案の定時間がたってもやっぱり、気が合わなくて。
でも、30分は湯船にいると決めているので、ついでに読みすすんでみました。
…そしたら。
ちょっと、分かるところも出てきました。
読めないこともないなと、思えるようになってきました。
相変わらず気は合わないようなんですが、それなりの読みこなし方が(失礼!)、みつかったように思いました。

これって。
人と同じだなと。
まぁ、人が書いてるものですから、ひとと向き合う、ということなんですけれどね。
お風呂での読書は、貴重な時間です。

« おもいつき | トップページ | こよみ »

コメント

>はなみずきさん、それでははなみずきさんも「某アーティスト化」本はお風呂でぜひ…湯気にあたって頭がふにふにになるから、読み進められるかもー(笑)。でもあの本、お風呂に持ち込んだらぶよぶよになっちゃいそうですねー。

>SwingingFjisanさん、えー仕事をお風呂でなさるんですかー?すごいですっ!私にはゼッタイ無理、無理。
でも、30分入っていてもあまり汗をかかないのは私も同じ。血行が悪いんですよねきっと。なので、キモチお湯の温度を高めに設定してます(^^)
毎日なにを読もうか、けっこう楽しみなんですよ♪

そういう読み方もありますね~。私は『某アーティスト化』が読みすすめず困っております。。。

私も時々やります。だいたいが文庫本ですが、忙しいときは仕事をもって浸かっています。でも最近、気がつくと居眠りしていたりして。よく、ぬるいお湯で半身浴するといい、と言われますが、冬はぬるいお湯に30分浸かっていても、汗をほとんどかきません。暖まるのもお湯に浸かっていた部分だけ。血の巡りが悪すぎる・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5561388

この記事へのトラックバック一覧です: お風呂:

« おもいつき | トップページ | こよみ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ