« おぼえがき | トップページ | 目黒川桜たより12 »

2007/03/21

不思議なレストラン

今日は忙しい…というか大移動!の一日でした。
朝、千葉県の我孫子に行き、お昼を挟んで埼玉県の越谷へ、その後神奈川県の逗子へ。
で東京の我が家に、夜もふけてから戻ってまいりました。
ぜんぶお仕事だったんですが、仕事の内容もさることながら、移動に疲れた〜。
電車、乗った乗った。パスモ便利(笑)!
でもこの動きが(いちおう直観で得た)今日のベストだったので、いろいろな面でとてもスムーズに運びました。
そんな中、お昼を食べにはいったレストランが、ものすごーく個性的だったんですよー(笑)!

一見「町の洋食屋さん」といった雰囲気で、外国の(どこの国かは不明)田舎風の店のつくり、漆喰塗りの壁にむき出しの梁、ちょっとかわいいアイアンの蝶番の付いた扉。
メニューはハンバーグや白身フライ、スパゲッティといった昔懐かしい感じ。
お値段は激安!だって、ハンバーグやコロッケなんかが、450円くらいなんですよ!(もちろんライス付き)
ほかに単品で、サラダ(200円くらい)やお味噌汁(100円とか)もあって、とってもリーズナブル!
お味も、懐かしい家庭料理のような美味しさがあって、マル!
安くて美味しいだけあって、お店はお客さんでいっぱいでした。

私も席に案内され、注文をし、落ち着いたところで店内をざっと見渡すと、、、
基本は西欧の田舎風、素朴なつくりのインテリアなんですが、
いたるところに天使がいる。
まぁこれは、西欧の田舎町ってそいういうとこあるし(でも金の天使とか石膏の天使とか、大小取り混ぜてちょっとバリエーションありすぎ!)。
で、天使の横には季節柄(?)桜の枝の造花が何本か飾られている。
これは季節柄なのか?それともいつもこうなのか?ナゾ〜!おまけにちっとも似合っていない(爆)。
その隣には、ステンドグラス…(^o^;
うぅーむと思いながらさらに上の方に目を向けると(吹き抜けの天井で梁が渡ってたりして、つくりはけっこう凝っているのよ)超・超オリエンタルな人物画の額が。。。玄宗皇帝とか、そういった類いのちょっと骨董っぽいシロモノですよ。
もうここまできたら驚かないもんねーと思い反対側をなにげに見たら、
キリスト教でいえばマリア像を置いておくような、ちょっとした壁のくぼみになってる飾り棚に、
金 色 の 、 大 黒 様 が 〜 !!!!
しかも大黒様の前に置かれているのはシヴァ神の置物だー!!!

もーなんか、驚きを超えて、バチが当たりそうな気がしてきました。。(^-^;;;;;
あまりにすごい光景だったので、写真でも撮っちゃおうかと思いましたが、やっぱりバチが当たりそうなのでやめときました。
それにしてもすごすぎる…。
でも、繁盛してる雰囲気だったから、あのお店にとっては運気のいいインテリアなのかなぁ。
うーん、私にはつくれないっ!

« おぼえがき | トップページ | 目黒川桜たより12 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5770247

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なレストラン:

« おぼえがき | トップページ | 目黒川桜たより12 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ