« 車窓 | トップページ | まつおさーん(T_T) »

2007/04/30

御坂峠

Miwajinja2今日は甲斐の国、御坂峠まで行ってきました。
…お仕事で(笑)。

この峠を越すと富士五湖に出、眺望はぱっと開け富士山も裾野のほうまでのぞめるそうですが、
今日行った「みさか」という地は、まさに盆地で、高い建物がほとんどないため四方をぐるっと山に囲まれているのを実感できる、そんな場所でした。
甲府まではあと少し、武田信玄公ゆかりのお寺や史跡が多くあるようでしたが、今回はそちらはスルーで。(だって仕事だもん。笑。)
でも帰りがけ、予約していたバスまでの時間に余裕があったので、お客さまが少しだけ近所の神社などに連れていってくださいました。
それがこの写真、甲斐国二之宮である「美和神社」です。

200704301641000_1200704301642000_1こちらは美和神社の境内にあるお神楽の舞台。
こちらでは「太々神楽」という神代神楽が奉納されるそうですが、この3月にその奉納が執り行われたとか。
ぜひ見たかったなぁ。残念。
大和の大神神社の流れを汲む、たいへん由緒ある神社だそうで、信玄公にも手厚く保護されたとか。
でもそれよりなにより、この神社の空気感がとてもクリアーで良いもので、感動しました。
ご存じのように大和の大神神社のご神体は三輪山、そして白蛇が祀られているのですが、でもそれはもしかしたら「竜」だったのかもしれない、こちらの美和神社には竜がいるみたいですね、などという話をその方としていたら、今日の良く晴れた青空に、竜のような雲がわき上がっていたのが印象的でした。

一之宮である「浅間神社」にもお連れいただきました。
こちらもとても格の高い神社ということで、百人一首のような絵画や立派な門など見どころも多かったのですが、空気のクリアー感は二之宮の美和神社が良かったなぁ。
なんてことで、駆け足だったのですがさすが地元の方だけあって、いいところに連れていってくださいました。感謝です。

« 車窓 | トップページ | まつおさーん(T_T) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6263370

この記事へのトラックバック一覧です: 御坂峠:

« 車窓 | トップページ | まつおさーん(T_T) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ