« ぽつねん再び♪ | トップページ | つめたい雨は »

2007/04/15

忘れ物

今日最初の仕事先から、次の仕事先に移動する時のこと。
いつも駅まではバスで行くのだが、バス停に行ったらちょうど行ったばかりの時刻だった。
交通事情で遅れていて、まだ来ていないことも考えられるけど、たまたま本数の少ない時間で(休日だし)次のバスまで30分もある。
最初の仕事は巻きで終わり、予定より早めに出たから、30分後のバスでもいいけど、でも30分待ちは暇すぎる。
なら歩いたほうがいいかなーと、歩き出した。
でも、ちょっと「ひっかかり」があったんだ。

なんで、こんなに間が悪いんだろう?(私は割と間がいいほうなのに)
そして、歩いて駅まで行くのは間がいいかどうかもう一度感じてみた。
こういうのは、だいたい最初に感じたことが当たるのだ。
で、最初に歩こう、というのがきていたから、やっぱり歩くことにした。

そしたら、なんと!バスが来ちゃった。
私はもうバス停から100mくらいは離れていた。ええーっ。がちょーん。(古!)
間が悪い ×2。おかしいなぁ。
この巡り合わせはなんなのだ。プンプン。

と、歩いていたら、その仕事先に、次の仕事で使う資料を入れたケースを忘れてきていたのに気付いた。
うわーっ。これはどうしても戻らねばならない。
…かくて、歩いて戻って、結局30分後のバスに乗った。
みんなに「あれっ?早いお帰り〜♪」なんて笑われてちょっと恥ずかしかったけど、
そしてもともと忘れ物なんかしなければ、もっとスムーズだったんだけど、
でもいろんなもののタイミングのおかげで被害が一番最小限で済んだ。
自分が歩いた分の体力を使ったのみ、っていうね(笑)。
歩いてた間に電話も2〜3本できたし、運動不足だからちょうど良かったかな。

振り返ればやっぱり、最初の直感を信じて良かった、ほんとうにありがたいことだったのでした。
あとの仕事はとってもスムーズでした。えへ(^-^)v

« ぽつねん再び♪ | トップページ | つめたい雨は »

コメント

>みゅぅさん、ほんとうに。バスに乗ってしまってたらあんなに早く忘れ物を取りに戻れませんでしたから。一見回り道のようで、よくよく考えてみると実は最小限のロスで済んでいた、ということもよくありますよね。

こんにちわ。
模様替えされたんですね。明るい感じでいいですね。

本当に最小限の被害(?)ですんで良かったですね。
やっぱり、mamiさんの間が良さが生んだんでしょうね。うんうん。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6107431

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れ物:

« ぽつねん再び♪ | トップページ | つめたい雨は »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ