« 「薮原検校」 | トップページ | 若冲展@承天閣美術館 »

2007/05/31

5月も終わる…

んーこうして劇場に通いまくった5月が終わります。。。
本当に良く見ました。
G.W.の歌舞伎座、演舞場に始まって、能楽現在形、大人計画、團菊・演舞場ふたたび、三響会@南座、そして昨日のコクーン。
おかげさまで仕事の方は大変な思い。見事に睡眠不足です。(だから10時には眠くなるのよね)
6月は少し大人しくいたしますが、コクーン歌舞伎があるし歌舞伎座は私史上初の両花道…がんばろうと思います。
いろいろ観に行かせていただいていることが喜びになっているわけですが、ただひとつ気をつけているのは「それが逃げになっていないか」ということ。
自分自身の充実の上にこそこういう楽しみがあると肝に銘じ、日々を過ごしたいと思います。

« 「薮原検校」 | トップページ | 若冲展@承天閣美術館 »

コメント

>みゅぅさん、ほんとうに早いですねー。こんなこと毎月いってるうち今年も終っちゃうかも。。。
私も片足つっこんじゃってからが多いんですよね、そんな経験ばかりしてるので、さすがにちょっと気をつけようかなぁって。笑。。

こんにちわ。
本当に5月ももう終わりなんですね。ついこの前、年が明けたと思ったら…。
mamiさんは偉いですね。自分の楽しみを逃げにしないところ、尊敬です。
でも、その通りですよね。
やらなきゃいけないことはちゃんとやらないと、人としてダメになりそうだって思うことあります。
私の場合、ダメになり始めで気づくんですけどね。片足突っ込んじゃったよ!って感じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6612789

この記事へのトラックバック一覧です: 5月も終わる…:

« 「薮原検校」 | トップページ | 若冲展@承天閣美術館 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ