« 猫村さんがきた | トップページ | 團菊祭夜の部 »

2007/05/21

ユメ2

疲れてたのか10時頃からついつい寝てしまっていたら、夢をみていた。
なんだかものすごい大雨の日で、私は家にずっといてた。
そしたら友人Yちゃんが、まだ小さい子供を連れて、知らない間に家に来ていた。
でもって、うちのキッチンですごい勢いでお料理をつくっている。
気付いた私が「わーYちゃんどうしたの、どこから入ったの?」
じっさい玄関から入れるわけがないし、ほかの窓も全部鍵がかかっていた。それに大雨だし。
「いやいや、いいじゃない。大丈夫、大丈夫!」
何が大丈夫なのか知らないけど、Yちゃんはやっぱり素晴らしい手さばきで、お料理し続けている。
ハンバーグとかサラダとか煮っころがしだとか、次々とできあがっていく。
「あら、お皿とか、どこにあるかわからないでしょ、いま出すわね」という間もなく
「大丈夫、大丈夫」と勝手知ったるふうでどんどん調理器具もお皿も出して使っていく。
うーん、なにが大丈夫なんだ?なんで知らない間に来てくれてお料理してくれてるのだ?
ほとんど目が点になって右往左往している私をよそに、Yちゃんは予定のものを全部つくりおえ、一緒に食べるのかと思いきや「じゃあねっ!!」といって大雨の中小さい子供を引き連れて帰っていった。
「ええっ、一緒に食べるんじゃないのぉ〜?」とか「こんな大雨のなか子供を連れて出たら危ないわよーぅ」という私のいうことを聞いているのかいないのか、「大丈夫、大丈夫」を連発して。(おことわりしておくが、このときも玄関から帰ったのではない。閉まっているはずの窓をふわっと通って、月に帰るかぐや姫のように雨の空の中を帰っていった)
残された大量のごちそうを前に私は呆然としていたのだ。

…たしかにYちゃんは世話好きで、私が以前ものすごーく忙しくて食事する間もなかったときに家に押し掛けてきて、さっさと食事をつくってくれたことがあったんだけど。
でも今の私は食事くらいちゃんとできる程度の忙しさであって。
しかも夢ではほんとにすごい大雨で、雨漏りさえし始めていたのよ(マンションの一階なのに)。
…まるでスーパーマン、いやスーパーウーマンなYちゃんなのだった。
これって、どういう意味があるのだろう???

???をアタマにいっぱいつけたまま、夜中に再び起き出して、仕事の続きをするワタクシなのでした。

« 猫村さんがきた | トップページ | 團菊祭夜の部 »

コメント

>erikoさん、なんだったんでしょうね?でも、実は彼女のお姉さまに会わねばならない用事があったので、それが気になってたのかもしれません。
それにしても、夢での彼女の言動は、いつもと変わらぬマイペースぶりだったので、本当に笑えました(^^)。

夢には何かのメッセージがあるといいますが、これはどういう意味でしょうね?
ちゃんと食事してるかな~?ってお友達が気にかけてくれているのかな?それとも会いたいなって思っているのかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6507722

この記事へのトラックバック一覧です: ユメ2:

« 猫村さんがきた | トップページ | 團菊祭夜の部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ