« ユメ2 | トップページ | ユメ2その後 »

2007/05/22

團菊祭夜の部

五月歌舞伎座、夜の部に行ってまいりました。
今月の歌舞伎座は、いいですねぇ。豪華なうえに楽しめるものばかり。まさに「よいやよいやの芝居見物」でございましたよ♪

「女暫」
羽左衛門さん追善の演目(とはいえ、私は羽左衛門さんの舞台、観たことないと思います、多分…)ということで、萬次郎さんが巴御前をつとめます。
萬次郎さんといえば「パルコ歌舞伎」のおウメさんでございますよ!あのお役ですっかり萬次郎さんのファンになった私は楽しみにしておりました。
女暫の巴御前は、とにもかくにもスーパーヒロインですね。力は強いし気っぷはいいし。でも急にしおらしくなったりしてそこがまた可笑しい。
「それ、無理がない?」とつっこめるところも多々あるのですが(笑)、一大娯楽作と思って観ると実に楽しめますね。
ほかの登場人物もこの上なく様式的で、役割分担がわかりやすく、衣装も動きも華やかで、お客さんへのサービスもたっぷり。
昔はこういう演目を観て、客席は飲んだり食べたりしながらやんやの拍手喝采だったのかなぁなんて、思いましたよ。
最後の、引っ込みの六方の前に萬次郎さんから口上があり、皆様のお陰で素晴らしい追善の公演ができましたと、深々と礼をされたあと、「わたくしは女形でございますので六方はとても…これにて失礼いたします」と述べるとそこに三津五郎さん登場、巴に六方を教えて、引っ込むという…お楽しみの盛り沢山なひと幕でした。
でも、私は実は「暫」をまだ観たことがないんですよ。今日の「女暫」を観てあらためて、早く観てみたいと思いました。

「雨の五郎」「三ツ面子守」
舞踏二題。
「雨の五郎」は松緑さん。松緑さんて、お芝居も踊りも、とても折り目正しい印象があるんですよね。以前は「一生懸命なんだなぁ」という印象だったのが、さいきんとみに「正統派の芯がびちっととおっている」感じになってきて、ほんとうに素敵な役者さんになってきました。踊りはよくわからないんですけど、恋の様子は繊細に、手の動きとかとても奇麗だし、若衆がかかってきたのを追い払うところなんかはとてもダイナミックで、物語が自然と浮かび上がってきましたよ。
若衆の役で辰巳さん、大活躍でした。お怪我も治っているようで良かった良かった。
「三ツ面子守」は三津五郎さん。踊りはよくわからないといいながら、三津五郎さんを見ると「うまいなぁ」と思います。三つのお面の付け替えの早さ、とともに踊り分けのうまさ、さすが!という感じでした。あのお面はどうやって付けているんだろう?

「神明恵和合取組」
「め組の喧嘩」ですね。いろいろな方たちから、格好良くて迫力があって面白い!ときいていたので、楽しみにしていました。
なるほどわかりやすいし面白い。ことに噂にきいていた大詰めの喧嘩シーンはものすごい人数と大立ち回りで大迫力!鳶の役者さんたちの身の軽いこと軽いこと、屋根に登るシーンでは梯子につかまらずにスイスイッと登ったり、屋根に飛びついてきた仲間の手を掴んで一気に引き上げたり。あちこちでトンボをきっているし、歌舞伎でこんなにスピーディで大掛かりな立ち回りは初めて見ました。(もちろん辰巳さんも大活躍!常にどこにいるか探しちゃいました)象のように大きいどっしりゆったりのお相撲さんチームに、蟻がたかるごとく敏捷な鳶チームがかかっていって、小さいものについ加勢したくなる日本人気質としては、鳶さんチームに軍配!ですかねぇ(笑)。
お芝居の中ではこれを仲裁に入る人がいるのですが、この梅玉さんの登場のしかたがまた、格好良かった!お話そのものもわかりやすいんですが、派手なシーンがたくさんあって、楽しめる演目でしたね。
ところで鳶の親分辰五郎の家の場のときにはずぅっと義太夫が流れていたのですが、このときの三味線が野澤松也さん。もう、ほんとうに何もわかってない私なのですが、この方の三味線の音は大好きです。ちょっと艶っぽくて、人間の心情の泥臭いとこついてくるような、そんな雰囲気なんですよね。(って、ホントにわかってなくて言ってるのでスミマセン)最近、野澤さんが出ておられるとちょっと嬉しいワタクシなのでした。

今年の團菊は、良かったなぁ。配役も豪華だし(一年経ってその豪華さを私が理解できるようになったというのもある)演目も楽しめるものばかり、とくに昼の部の「泥棒と若殿」は収穫でしたし。いままであまり上演されていなかったようなので、これからはバンバンやっていただきたい。
全体にとっても楽しめて、これは?と思うようなものがありませんでした。でもって、今月も松緑さん株うなぎのぼり!なのでした(笑)。

« ユメ2 | トップページ | ユメ2その後 »

コメント

>るるるさん、はじめまして。こんなところまでお越しいただきてありがとうございます。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい!(><)
松也さんは、動きにも特徴があるので、御簾の後ろでもすぐにわかります。三味線の音、素人の私にはいまひとつわからないんですが、泥臭く艶っぽい(と私には聴こえる)ところが大好きです。
これからもいろいろ教えてくださいね。またお越しくださいませ。よろしくお願いいたします(^-^)。

わーっ嬉しいっっ(*^^*)
私の愛する松也師匠の音がわかるかたがお見えで!
そうなのです!師匠の音は最高です!

これからも是非一緒に応援してゆきましょう♪

>とこさん、わーご報告ありがとうございます!o(^-^)o
お祭り大好きな菊五郎劇団、きっと大盛り上がりだったのでしょうねー!いろんな俳優さんたちのいつもと違う姿を存分に楽しまれたのでは?模擬店も楽しかったんだろうなぁ。
私は土日が仕事なのでなかなか難しいのですが、いつか行ってみたい!です。その前にチケットが取れないと…ですね(笑)。

行って来ました、俳優祭昼の部。
阿波踊りで辰巳さんは奴踊りのメンバーです。奴凧で糸に引っぱられる振りで、1月のおくらの吹き替えと同じブリッジから倒立をしました。後で本人がすべったと言っておりました。
菊五郎さんの北千住観音は、台の上に立ち後ろに10人従えて1月の猫のパラパラをやって下さいました。
NHKで放送されるようなので、どうぞおたのしみに。

>とこさん、はじめまして。書き込みありがとうございます♪
ご一緒だったんですねー、そういうのってなんだか嬉しいですね。
お面は口でくわえるんですか!踊りで息も切れるでしょうに大変そうですね。
辰巳さんのトンボ、ちょっとドキドキしながら見ていましたが、無事かっこよくこなされていて安心しました。
俳優祭、行かれるんですか?いいなぁー。ぜひ感想を教えてくださいね(^^)

初めまして。私も22日夜の部を観劇しておりました。今回の演目は、どれも良かったですね。
「三ツ面子守」のお面は口でくわえる棒があるそうですよ。
「め組の喧嘩」では辰巳さんファンとして、私も探していました。近頃は立ち廻りがアクロバティックになってきたような気がします。でも辰巳さんの怪我の治り、凄く早いと思います。
あとは、俳優祭での活躍が楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6520324

この記事へのトラックバック一覧です: 團菊祭夜の部:

« ユメ2 | トップページ | ユメ2その後 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ