« からす余談 | トップページ | 我が心の動物園 »

2007/05/10

「ドブの輝き」大人計画

下北沢本多劇場、初日の舞台を観て来ました。
今回は、座頭の松尾スズキさんが公演直前に体調不良で倒れてしまい、急きょ第三舞台の池田成志さんが代役にたっての舞台。
そんなすったもんだもあった初日、どんなふうに迎えるのか、こちらまでドキドキでした。

今回は
作・演出/宮藤官九郎「涙事件」
監督・脚本/井口昇「えっくす」(映像作品)
作・演出/松尾スズキ「アイドルを探せ」
の三部作。
松尾さんは、映像作品は倒れる前に撮影済みだったということで、こちらにはお元気そうなキモカワイイ姿を見せてくれていました。(でも、これも今見ると、体調悪いのをおして撮影してたのかなーなんて思って、ちょっとせつない…)
で、作品はバカらしくて冗談きつくてどぎつくてちょっとせつないいつもの大人計画、とっても面白かった!
実は前回のウーマンリブ、私的には???だったのでちょっと構えていましたが、今回のは私が好きな大人計画テイスト満載。本当に楽しめました。ほとんど笑いっぱなし(^o^)。
そして、松尾スズキ不在を感じさせない他の団員たちのエネルギー、さすがプロと感心しました。池田さんも、直前の代役だったのに見事にはまってるし。舞台のひとって、訓練されてるからすごいんですね。
なんてことをあらためて思った2時間半でした。

今日が初日で、東京ではあとひと月間公演は続きます。なので、細かい内容には触れませんが、松尾スズキさんの作品の最後で、「えーあのネタ、そんなに気に入ってたのー!」って思うくらい、とあるネタが何度も再現されちゃって、大爆笑でした。あーおもしろかった!

いるいないに拘らず、大人計画は松尾スズキ色満載ですからね。そういう意味では松尾さんがいるみたいでしたが、やっぱり早く体を治して元気になって、戻ってきてほしいですね。
とにかく今回は、楽しませていただきました。大満足です。
おつきあいいただいた本日の相方Nちゃんも、ありがとうございました〜♪

« からす余談 | トップページ | 我が心の動物園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6375813

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドブの輝き」大人計画:

« からす余談 | トップページ | 我が心の動物園 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ