« ありがとうございます | トップページ | 人生初ヨガ »

2007/05/23

五月大歌舞伎夜の部

演舞場の夜。
演舞場は綺麗で、歌舞伎座よりずっと椅子なんかも楽なんだけど、なんだかやっぱり歌舞伎座が好きなんだよなぁ。売ってるお土産なんかも、歌舞伎座のほうがそそられるの(^-^;。
なんて思いつつも、楽しんできました。

「妹背山婦女庭訓」、これはとっても有名な人気演目(でも私は初見)なんですけど、私にはなぜ人気なのかわからなかった。染五郎さんと高麗蔵さん、とっても好きあってる恋人同士にはあまり見えなかったし、福助さんは初な田舎娘にはあまり見えなかったの。
それに官女にお三輪がいじめられるシーンもあまり笑えるものではなかったし、最後に吉右衛門さんが登場してお三輪を斬りつけるのも、理由はわかるんだけどなんだかなぁ…。お三輪もそれで納得して、好きなひとのために役に立てるならと死を受け入れるのだけど。
それに入鹿の時代という設定のわりには衣装も室内調度もちがうし。これが歌舞伎の表現なのだといわれればそれまでなのですが。
うーん、なんだかよくわからないことだらけ。なぜ人気演目なのかぜひぜひ知りたい私でした。(^^;;

「法界坊」「双面水照月」、初めて見るので楽しみにしていた演目です。見たことはないものの、勘三郎さんがやったものの写真を見ていたので、なんとなくなイメージがありましたが、それとは全く違う切り口のもののようでした。(思えば勘三郎さんのは串田演出だったのですからオリジナルとは違いますよねきっと)
吉右衛門さんの法界坊は、すごい悪坊主なんですけど、なんか憎めないところがありましたね。やってることはとんでもないんですけど、可愛げがあるっていうか。笑わせどころはきちんと笑わせてたし、楽しめました。
優男をやったら天下一(?)の錦之助さん、相変わらず綺麗でちょっと頼りなくていい男がハマっています。でも私は実は、去年の納涼の犬飼現八が忘れられません。優男の合間でいから、ああいう荒ぶる役もぜひやって欲しいです。そして錦之助さん、芝雀さんとの相性がとってもいいみたい?芝雀さんも初々しくて可愛らしかったです。いっぽう染五郎さん、声がちょっと無理があったかなぁ。姿が美しいだけにちょっと目立ってしまったかも…。でも双面では声は生きてたかも。
その双面なんですが、これはまさに勘三郎さんの「半分法界坊、半分野分姫」をイメージしてたんですが、全然違うんですね。姿かたちが変化するわけではなかったのですが、義太夫と浄瑠璃で法界坊と野分姫を演じ分けるのはなかなか見応えありました。

じつは今日は、午前中歌舞伎座に行ってしまいましたの(笑)。もう一回、伝九とノブさん、そして弁慶と冨樫に会ってきました。どうしてももう一度観たくてみたくて。
今月のこの二本は、やっぱり秀逸と思いました。(あと、め組もねぇ)えへ♪

« ありがとうございます | トップページ | 人生初ヨガ »

コメント

>SwingingFjisanさん、おかげさまで(^^)v。伝九とノブさんにはまた泣かされました。團菊の勧進帳は、何度でも観たいですし。今月は、歌舞伎座も演舞場も楽しかったですねぇ。SwingingFjisanさんは、加えて俳優祭ですものね!充実の5月でしたね!
「妹背山」、ほんとによくわからなくて(^-^;。ここが面白い!っていうのをどなたか解説してくださらないかしら。

伝九とノブさん、富樫と弁慶に再び会えたのですね!! よかったですねえ。私は結局時間がとれず、1回だけでした。もっとも他でいい思いをさせていただきましたから、そうそう贅沢は言っていられません (^-^;
「妹背山」、まったく同感です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6529049

この記事へのトラックバック一覧です: 五月大歌舞伎夜の部:

« ありがとうございます | トップページ | 人生初ヨガ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ