« ワンカップの旅5 | トップページ | 團菊祭昼の部 »

2007/05/03

五月大歌舞伎昼の部

五月最初の観劇は、演舞場昼の部。
お天気も良くG.W.の銀座は普通に歩けないくらい人が出ていました。
なんだか、思う存分に休日!って感じでワキワキ(^-^)。
演舞場は、吉右衛門さん祭りでございますよ。もうほんとうに、吉右衛門さん素敵!お芝居にも、お人柄にも、惚れ惚れなのですよ♪

「鳴神」、染五郎さん初役に頑張る!まだちょっと大きさも足りないし、堅い感じでしたが、相手役の雲の絶間姫の芝雀さんがそれをどーんと受け止めるような素晴らしい勤めっぷり、きっと千穐楽までには染五郎さんの鳴神上人も大きくなっていることでしょう。
芝雀さんの雲の絶間姫は実に良かったです。知略に長けていて美しく女性らしく、でも鳴神上人を陥れることには罪悪感を持っていて心のどこかで詫びているような。
以前浅草で、亀治郎さんの雲の絶間姫を見ましたが、こちらもとても良かったのですが(なんてったって亀様だもん!)また違った味わいがあり深みを感じました。

「鬼平犯科帳」、とってもわかりやすくて楽しめる作品。吉右衛門さんと歌六さんがうまいのー。やりとりの妙がなんともいえなくて。なんか、世の中こんなふうに運んでいけば犯罪なんか起きないのにー、と思ってしまった。池波正太郎が人気があるのがわかるなぁ。脚本も、とっても上手かった。
最初の船着き宿の場で、船頭役の歌六さん、船に乗ったとたん棹を水の中に落としてしまうハプニング。あわててサッと飛び下り(舞台上では川の中)棹を拾いましたが、そのあまりの機敏さに(だって60過ぎの役なんですもの)客席やんやの拍手。吉右衛門さんこれを受けて、「年とってると思ったけどなかなか機敏なものだねぇ安心したよ」とアドリブ。これには客席ますます大受けでさらに大きな拍手。歌六さんも「ありがとうございます」なんて言っちゃって。役者さんにとってはこうしたハプニングって、冷や汗ものなのでしょうが、お二方の気の利いたやりとりで私たちは逆に楽しませていただいたりして。こういうとこも吉右衛門さん、大きいなぁと思います。
もうひとつ、二場(かな?)の終わりで定式幕を引こうとしたら引っかかってしまったのかなかなか引けない。大道具さん、2度チャレンジしたけど引けずに、緞帳が下がって幕となりました。定式幕がちゃんと引けてから緞帳は上がりましたが、これもヒヤヒヤものだったことでしょう。
舞台にはハプニングがつきものですが、それを乗り越えてやっていくって仕事とはいえ大変なことですね。にしても今日はいろいろあったなぁ。明日からは何事もありませんように。

「釣女」、楽しい舞踏劇。
錦之助さん芝雀さんカップル、ひたすら上品で美しい〜!まさに絵になるお二人です。
かたや歌昇さんと醜女役の吉右衛門さんカップル(?)、笑える笑える。歌昇さんの軽やかな踊りが素敵です。
錦之助さんが踊り始めるときに、醜女の吉右衛門さん、女だてらに「いよッ!錦之助!」と掛け声をかけ、これを合図に客席も大拍手。ここでも吉右衛門さんたら錦之助んを盛り立てて、あーなんていう大きいお方なの!(惚れ惚れ)
錦之助さんは先月の襲名披露を勤められて、まさしく「大きく」なてこれた感じがして、とってもとっても美しくて素敵でしたー!(これまた惚れ惚れ)

こんなわけで、とてもわかりやすく楽しい演目揃いだった演舞場昼の部。吉右衛門さん大活躍で、ご本人は「出過ぎなのでは…」となにかのインタビューで仰られていましたが(ある意味仰るとおり、若手にもっと活躍してもらえるようになれば良いのでしょうが)吉右衛門さん大好きな私にはもうお腹いっぱい、幸せいっぱいでございました。(^^)
明日は歌舞伎座團菊祭へ。GW中の私のお休みはこの二日間でおしまい。なんて充実した休日なんだーと、大満足なのでございます。

« ワンカップの旅5 | トップページ | 團菊祭昼の部 »

コメント

>erikoさん、そう、歌舞伎、大好きなんですよー(^^)。私も詳しくはわからないんですけどね。おかげさまで、楽しい休日でした。
みなさん敷居が高いとおっしゃるけど、意外とそうでもなくて面白いんですよ。erikoさんも機会があったらぜひ見てみてくださいね(^^)。

歌舞伎がご趣味なのですね~^^
私はあまりわかりませんが、すごく楽しさが伝わってきました。
楽しい休日が過ごせてよかったですねー!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6292692

この記事へのトラックバック一覧です: 五月大歌舞伎昼の部:

« ワンカップの旅5 | トップページ | 團菊祭昼の部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ