« 「ドブの輝き」大人計画 | トップページ | マンゴー好き »

2007/05/11

我が心の動物園

旭山動物園のドラマを録画して見ました。(なので今夜も夜更かし。。)
ここは本当に動物が生き生きしていて(とテレビの画面から感じられる^^;)楽しそう。
入園者が増えたら増えたで、いろいろ面倒な事件が起こるのね。
でも、行動的な動物たちを見に、一度は行ってみたいものです。

そんな素晴らしく有名な動物園にひきかえ、いまひとつ地味ーなんですが、私にとっては横浜の野毛山動物園が、思い出のたくさんある大切な動物園です。
横浜に住んでいたので子供の頃はよく連れていってもらいました。

たくさんの猿がいて、猿山を見るだけでも面白かったなぁ。(当時猿の種類では日本一?でしたから)
けんかしてたり、えさを食べるのに夢中だったり、やたらと観客(?)にはむかってきたり、いろんな個性がいて、猿にも性格がいろいろあるんだなーなんて思ったり。
シロクマがいつも首を振っているのが不思議だったり。(いま思えばストレスだったのかもー)
ひとりで奥の方にいたキリンに向かって「キリンさーんっ!」と大きな声で呼んだらパッカパッカと私のほうに駆け寄ってきてくれて、夢のように嬉しかったり。

成人して会社に入ってからはなんのご縁か、私の営業先のリストに野毛山動物園が入っていて、(実はあんまり仕事したくないときに)よく行ったなぁ。お仕事先だから一件は行ったことになるし、仕事で行ってるんだけど動物見て和めるし。

ある日なにげにチンパンジーを見ていたら、女性のお客さんがふたり、「やーだあのチンパンジーのおしり、きったない!」とのたもうた。
ちょうど近くにいて、黙々と園のお掃除をしていた飼育係が急に「あれはいま発情期で、おしりがふくれているんですっ!きたなくないんですっ!」と反論した。
そのお客さんは「なーにー?」と嫌みのひとつも言ってすぐに行ってしまったけど、私は飼育係のひとに「よくいった!」と心のなかでエールを送ったっけ。
だって、かわいいんだよ世話してたら。かわいい子がそんなこと言われたら、だまってられないよ。

またある日、事務所に行ったら「オランウータンの赤ちゃんが産まれたよ。だっこしてみる?」といわれ、勿論モチロン!とばかりにだっこさせていただき。
赤ちゃんていうからもっとふにゃふにゃしてるものかと思ったら、ものすごくしっかりしていて、長ーい腕を思いっきりまわして、私の首すじにからみついてきたとき嬉しくって感動したなぁ。
なんで、初めて会う、飼育係でもない私に、こんなにギュッと抱きついてくるんだろうって。
まんまるい目が、かわいかったなぁ。
飼育係のひとたち、みんな動物が好きで、動物を囲んだ家族みたいだった。

私にとっては、一番身近で、一番動物たちにふれあえる場所でした。
ドラマとは関係ないんですが、ドラマを見て野毛山動物園を思い出したので。
動物園て、楽しい思い出がたくさんあるとともに、ちょっと郷愁も感じさせてくれますね。
動物のいのちに触れるからでしょうか。そうしたら自分のいのちにも触れるから、だからでしょうか。

« 「ドブの輝き」大人計画 | トップページ | マンゴー好き »

コメント

>みゅぅさん、本気でやっていたら、楽しいだけのものなんてないんですよね。でも、たいへんなその中にまた楽しさがある。本気で動物とつきあったり、動物嫌いの子供と向き合ったり。そうすると自然に共存する糸口が見えてくるのかもしれませんね。

またまたテレビの記事へのコメントで、ごめんなさい。

私も感動しながら観ました。そして、涙してしまいました。
モコを飼いだしてから、ちょっと動物ネタには弱い私です。
ドラマなのに、「ヤギなんて死んじゃえばいいのに」というのを観て真剣に悲しくなりました。横にいるモコを見て、さらに号泣。主人には笑われました。
動物園や水族館、ただただ楽しいだけじゃないんですよね。飼育員さんたちの苦労があるんですよね。そして、動物たちの思い。
「野生に返す」ことが、あんなにも難しいことなんだと初めて知りました。
人間と動物などの自然が、上手く共存できたらいいですよね。

>二郎さん、何度も危機におちいっているんですよね。存続が決まるたびに安心しています。あのキリンの入場門、いまも健在なんですよね。
月並みですが、みんな「いのち」なんだと感じさせられる場所なんですよね。そして野生の動物たちの存在にも思いをはせてくれれば、、本当にそのとおりですね。

>はなみずきさん、アザラシですよー。人間も動物に興味しんしんですが、動物たちも人間に、興味しんしんなんですね。人間たちのこと、見にくるんですよ。

野毛山動物園への思い、素敵だなーと思いつつ拝読しました。
運営が危ぶまれつつも、何とかやってきているのは職員の方々やそれを受け止めた人々の思いによるものなのでしょうね。
私は、動物園や水族館などに行った人達が、その先の野生の中で生きている動物達に思いをはせてもらえれば、といつも願っています。

余裕がなくて見逃しました。。人と同じ高さでぷかっと浮かんでるアザラシ?みたいなのがかわいいです☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6387275

この記事へのトラックバック一覧です: 我が心の動物園:

« 「ドブの輝き」大人計画 | トップページ | マンゴー好き »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ