« 五月大歌舞伎昼の部 | トップページ | パリオペラ座公演 »

2007/05/04

團菊祭昼の部

今日は歌舞伎座へ。GWとあって、幕見の列が半端じゃない。各回とも立ち見まで出ていた模様です。
普通のお席も、今日はチケット完売!ということで、本当に満杯!こんなこと初めてかもー。お昼のお食事もトイレも、この人数が移動するだけで大変な騒ぎ、休憩後お芝居が始まってもしばらくは席に戻らない(戻れない?)人がいたりで、客席はざわざわ、ざわざわ、していました。心なしか空気が薄かったような…(^-^;

「泥棒と若殿」、初めて観る演目だし、タイトルあんまり聞いたことなかったし、どんなんだろうと思っていましたが…なんかね、とっても心温まるお話なんですよ。すごく良くってほろりときましたよ。
松緑さんの伝九(でんく=伝九郎)が(泥棒なのに、育ちだってさして良くはないのに)可愛くって、優しくって、純情でねぇ。かたやなにも世間のこと知らないお育ちの良いノブ(松平成信)役三津五郎さん、若殿っぷりが微笑ましくて。そんな二人の凸凹コンビ、いつまでも見ていたいって感じでした。
境遇が違い過ぎる二人だから、当然別れは来るんだけど、切ないんですよねぇこれが。それぞれが生きて役割を果たすに相応しい環境があるというのは勿論理解しているのですが、「伝九&ノブ、フォーエバーッ!!」と叫びたいワタクシです。
あー私も伝九にお世話してもらいたい!ノブのお世話をさせていただきたい!
とっても温かくてほのぼのとして、ほっこりといい気持ちにさせていただきました。

「勧進帳」、弁慶を團十郎さん、富樫を菊五郎さん。まさに「團菊」の華が咲きそろった贅沢な一幕。
天覧歌舞伎百二十年記念、ということですが、同じ時代に團菊が揃っているって、すごいことなんだと実感。何度か観ている演目ですが、さすがの貫禄のおふたり、重みが違いますね。弁慶富樫の台詞の応酬が、美しい曲を聴いているようであり、大変な歴史を感じさせるものに聞こえたり。
團十郎さんもここまでほんとうに、お元気になられたんだと思っただけでもまた感無量な感じで。(この前のテレビ番組見た後だと余計です)いやもう、めでたやめでたや。
(今夜はNHKでパリの勧進帳を見れるし、勧進帳デイだわ)

「与話情浮名横櫛」、菊之助さん最近進境著しい感じで、貫禄さえ感じられるんですけど。今日のお役のせい?いやそれだけではありませんよね。。。海老蔵さんとの並びはキレイですねぇ本当に。…なんて思いながらいつの間にやらちょっと意識を失ってました(笑)。左團次さんはこうい肝の太い、オトナな役が本当に格好いい。私がお富だったら、ボンボンの与三郎より多左衛門に惚れちゃうよきっと。このお話のなかでは惚れてはいけませんが。笑。

「女伊達」、芝翫さんの粋な踊り。男性もかなわない”伊達女”(?)なかなか格好いいです。華やかでこれまたおめでたい雰囲気。
辰巳さんがトンボで拍手喝采でした。(^-^)v

昨日観た演舞場の方もそうだったのですが、五月はなにやら明るくて楽しい演目が多く揃ってい感じがします。夜の部は双方ともに、月末近くの観劇の予定ですが、こちらも楽しみ。
今日は一番最初の「泥棒と若殿」がとにかく良かったなぁ。また観たいです。

« 五月大歌舞伎昼の部 | トップページ | パリオペラ座公演 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6304069

この記事へのトラックバック一覧です: 團菊祭昼の部:

« 五月大歌舞伎昼の部 | トップページ | パリオペラ座公演 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ