« 京都のお寺めぐり | トップページ | ユメ4 »

2007/06/06

ユメ3

もうとっくに終わったことの話なんですが。
6/3までやっていた大人計画の公演に、体調不良のため降板していた松尾スズキさんが千穐楽にかぎり復活する、というニュースを聞きました(おことわりしておきますが、モチロン夢の中で)。
初日にこの舞台を観ていた私や、その友たちは

えー松尾さん復活したの?
千穐楽だけって、そんなぁぁぁぁ
良くなったんだ良くなったんだー♪
でもでもせっかくなら、その松尾さんバージョン観たかったわあ
そんなこと言ったら直前の代役にも拘らずあんなにマグロが似合ってた池田さんに申しわけないじゃないのぉ
いや池田さんはおっとこまえで良かったわよーでも
松尾さんのも観たかったじゃないのー

などと大騒ぎ(モチロン夢の中で)。
私たち、今回の舞台にはとっても満足してるんです、
でも松尾さんの一日も早い回復をお祈りするキモチが見せたユメ、ってことで
失礼お許しくださいませー。。。

…そんなユメを見ました(^^;;。

« 京都のお寺めぐり | トップページ | ユメ4 »

コメント

>SwingingFjisanさん、そうですそうです、伊良部先生を松尾さんがやっているんですよー!もーう、本当にぴったりでした。単純に笑えるのでぜひぜひ御覧になってー!(^^)v

今頃ごめんなさい。「インザプール」って、もしかして伊良部先生の、ですか!! あれって映画になってたのですかぁ。知りませんでした。「空中ブランコ」のTV版は見たんですが(阿部チャンが伊良部で、カッコよすぎ。原作とはかなり違いました)。今度DVD借りてきます。と言ったものの、今どこの会員にもなっていないなあ。

>SwingingFjisanさん、ほんとうに、またとない不思議な味わいの個性ですよねぇ。マグロが泳いでないと呼吸できないように、お芝居してなきゃ死んじゃうんじゃないかって思ったり(笑)。なので早く元気になられるといいなと思います。
舞台ではありませんが「時効」と同じ三木監督作品で「インザプール」という映画に主人公で出演されているので(もうDVDでも出ているし)ぜひ御覧になってみてくださいまし。オダギリも出てますし♪
大人計画の舞台は毎回、チケット争奪戦が激しいのですが、こちらも機会があったらぜひ。けしてお上品とはいえませんけど。

松尾さんのあまりのユニークさに、お加減がよくないことを忘れてしまっておりました(ごめんなさい)。松尾さんのお芝居は見たことがありませんが、早く回復されますよう、演劇好きの1人として、私もお祈りいたします。

>SwingingFjisanさん、「時効」最終回に松尾さんが出ると聞いたので夢に出てきたのかなぁって。あの世界観には松尾さん似合っていますよねー♪
「時効」ずっとやってほしいですよね。「ふたたび帰ってきた」なんてやってくれないかなと、今から心待ちです。

「時効警察」に出てましたね(^^)
あ~あ、「時効警察」もう終わっちゃってつまらな~い。早く又帰ってきてほしいです。DVD化されるっていうから、買ってしまおうかな…。

>みゅぅさん、きっと「時効警察」最終回に、松尾さんが出演するというのを聞いたからだと思います。笑。

こんにちわ。
本当に松尾さんのファンなんですね。
代役の方でもおもしろかったのでしょうが、やっぱり松尾さんで見たいという願望なのでしょうね。
mamiさんの松尾さんへの熱い想い、伝わりましたよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6685730

この記事へのトラックバック一覧です: ユメ3:

« 京都のお寺めぐり | トップページ | ユメ4 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ