« 線を決める | トップページ | ふくふくしちゃった。 »

2007/06/13

コクーン歌舞伎「三人吉三」

観てきましたー!
あいかわらずエキサイティングな勘三郎さん、お水大好きな串田さん、真摯でかわいい勘太郎さん、仇なお役がよく似合う福助さん。いい男ぶりの橋之助さん。
亀蔵さんがまたいいお味なんですわよ。
椎名林檎の音楽はいいといえばいいし、しっくりこないといえばそんな感じも。途中の、エレキギターと鳴り物の競演は面白かったな。舞台を観たりお囃子部隊をみたり、忙しかった。
が、林檎ちゃんの毒気より三人吉三の持つ毒気(?なのか?)が勝っておった。歌舞伎は濃ゆいですもんね。

今日はコクーンで初めて、2階のサイドの席(3等席)でした。
きっとよく見えないんだろうけど、いちど座ってみたかったんです。
右サイドだったので、上手の芝居はやっぱり良く見えませんでしたけど、後ろがいないのでそこそこ乗り出したりできるし。楽しかった。

2階から観た舞台は、水に照明の光や役者さんの姿が映りこんでキレイ。
黒衣さんたちがつくる波も飛沫もキレイなの。
お寺のシーンでは金色の布の広げられ方が、ちょっとグラフィックぽくて様式的で美しかったし、
雪のシーンでは役者さんたちが歩くたび、積もった雪に残るラインが変化して面白かった。
このシーンの福助さん綺麗だったなあ。

もう一度観る予定なので感想はその時にしようかと思いますが
次は平場センター2列目で観ます。
今日、上から見てておぉーあの席で観るのかー!と思った。
覚悟決めていきますよっ!(別にキケンな席なわけではありませんが・笑)

« 線を決める | トップページ | ふくふくしちゃった。 »

コメント

>edaatsさん、コクーン歌舞伎は今年で8回目だそうです。歌舞伎座などではやらない斬新な演出、出演者などで話題になっています。古典を押さえつつもちょっと型破りなので、若い方や初心者の方などは見やすいと思いますよ♪来年はぜひ(^^)v

>みゅぅさん、そうなんです、一度は遠くから全体をみてもう一度は近くで観る。ぜいたくですが理想的な観方ですよね。次はかぶりつきなので、またまた楽しみです。

>SwingingFjisanさん、上から見たらやっぱり雪は4〜5列目が一番激しそうでした。カーテンコールの時には(多分)橋之助さんが前列の方に雪を思いきり投げかけてました(笑)。雪をかぶったり、水をかぶったり、役者さんの通り道になったり、コクーンはそういうとこも楽しいてすよね♪千穐楽に観に行かれるなんて、羨ましい!サービス精神旺盛な勘三郎さんのことですから楽しいことが起こるのでは。。。

渋谷のコクーンで歌舞伎をやっているんですかぁ。しりませんでした。
そういえばコクーンへは「上海バンスキング」が終演になって以来行ってないです。もう10年以上になるでしょう。

こんにちわ。
1つの舞台を違う席から観るのって、いいですね。
絶対、いろいろ気づきがありますよね。
次回も楽しみですね。

次は平場2列目ですか。いいなあ。先日見た友人が、雪は5列目あたりが一番激しく降っていたと言っていました。ただ、その後降らせ方が変わったかもしれません。私は「桜姫」を2階席で見て、あまりよく見えなかったので、以来コクーンは平場と決めています。「四谷怪談」は千穐楽にいい席が取れて、水がバシャバシャ飛んできましたよ~♪♪。「三人吉三」の千穐楽はとちり席のあたりです。早く見たい気持ちでいっぱいですが、千穐楽までお預けです。mamiさんのように2回見ることにすればよかったなあ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6776693

この記事へのトラックバック一覧です: コクーン歌舞伎「三人吉三」:

« 線を決める | トップページ | ふくふくしちゃった。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ