« 晴天 | トップページ | 渋谷 »

2007/06/17

お茶

暑い日も、じめじめした日も、お茶を飲むとほっとする。
カップを持って、口元に持っていくときの
お茶の香りと湯気が近付いてくるときの
幸福感て、たしかにあるんだ。

あんまりバタバタして ちょっと体調もすぐれずにいる今日このごろ
"お茶マジック"でココロが覚醒する。
細くなってた気持ちがふわっと、膨らんでくる。
そうやってお茶をいただくことを
お茶を囲んで和やかに話すことの温かさを
教えてくれてありがとう。
私もこんどは誰かのために、お茶をいれてさしあげましょう。
そういう私に、なりましょう。

« 晴天 | トップページ | 渋谷 »

コメント

>erikoさん、私の家にもいろんなお茶があって、今日はどれを飲もうかと思う時間も楽しいです。「お茶をいれる」という行為が心を落ち着かせてくれますよね。おもてなしの心も膨らむし、そう思うと、茶道って理にかなってるなぁと感じます。

>みゅぅさんは緑茶好きなんですね。
私はお茶全般、好きなんですけど、お茶をいれている時間というのも好きです。急須やカップを温めたり、お湯を勢い良く注いだり少しづつまわしかけたり…いろんなやり方でまたお味も変わるのが楽しいです♪みゅうさんもぜひやってみてくださいましー。

私、お茶大好きです。
どんなに疲れてても必ず毎日葉っぱからお茶を入れます。
緑茶に中国茶、紅茶などいつも買い置きしてます。

いろいろ節約しているけど、お茶は美味しいの飲みたいです^^
絶対気持ちをやわらかくしてくれる力ありますよね?
みんなで飲んでも、ひとりで飲んでもやっぱりお茶はいいです!

私も緑茶、大好きです。
実家にいた頃は、必ずお茶を出してくれて、ご飯も尚いっそうおいしく頂けました。
でも、結婚してからは自分でいれないと出てこない。当たり前だけれど、面倒になってしまい、お湯を沸かしてお茶をいれることはしてません。
いつも、作り置きの麦茶です。
さすがに、お客さんが来たときはいれますが、お客さんが友達の場合、ペットボトルのお茶を買っておくことが多いです。
風情もなんにもないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6824512

この記事へのトラックバック一覧です: お茶:

« 晴天 | トップページ | 渋谷 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ