« 六月大歌舞伎 | トップページ | 笑いは健康のもと? »

2007/06/21

TVの話です

「食わず嫌い王」に阿部サダヲちゃんが出てました。
とってもプリチーでした。
なんだか見慣れぬヘアスタイルしてましたが「ゲツクふう」にパーマをかけたそうです。
へーゲツクに出るのかー。
ていうかホントに「ゲツク」パーマって、美容院で言ったんでしょうか???笑。
大好きなテレビ番組に、自分が出てるのが実感できなくて何度もモニター見てるし。
貴さんに「それはいつ食べたの?」とか質問されたら「うわっなんか出てるんだってカンジ!」と大喜び。
「いつもはなんて呼ばれてるの?」「阿部ちゃんですかね」「それじゃ、阿部寛さんと被るじゃない」といわれて
「それじゃサダヲで」
初出演で引き分けのときは(のりピーと一回目の回答で引き分けでした)罰ゲームだと言われ目をまんまるくして「そんな説明ありましたっけ?」「俺一回で終わっちゃう奴嫌いなんですよー」

ひとつひとつは意外と普通のやりとりなんですが、その「間」とか言ってる「様子」とかがかわいくて面白くて、とんねるずのお二人もニコニコ笑いっぱなしでした。
舞台ではハイテンションでキレまくっていますが、普段は大人しくてふわりとした感じの方なんですよね。
いいなあ、阿部サダヲ。大好きなんですよ。
かわいくって大笑いさせていただきましたわ♪

ちなみに阿部さんの「食わず嫌い」は「パイナップル」でした。
唇がびりびりしちゃうそうです。食べてるときは全然わからなかったけど(さすが俳優さん)正解されたとたんに涙目になってました。笑。

« 六月大歌舞伎 | トップページ | 笑いは健康のもと? »

コメント

>はなみずきさん、観に行くんですね!感想聞かせてね!私は行けるかどうか時間的に微妙なので…でもちょっと、というかかなり、行きたいのだー。

>みゅうさん、ああそうか、その宣伝でテレビに出てるんですね。いつもはテンションが低いと自分でも言っていましたけど、大人しくて謝意な感じですよね。演技ではキレてるくせに、なんか可愛らしいとこがあって好きなんですよねぇ。

ずーっと楽しみにしてた舞妓Haaaan!!!、来週見に行きます!!!
阿部サダ映画初めてなんですが面白そうですよね~。

こんにちわ。
その番組は観ませんでしたが、最近『舞妓Haaaan!!!』の宣伝でよく観ましたね。
パパぶりを披露したりしてました。
独特の役が多いですが、普段はしっぽりした感じなのだなって、改めて好印象の阿部さんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/6871772

この記事へのトラックバック一覧です: TVの話です:

« 六月大歌舞伎 | トップページ | 笑いは健康のもと? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ