« 想定外 | トップページ | 出張 »

2007/07/17

NINAGAWA十二夜・2回目

2回目の観劇は、3階席から。
あの舞台装置だったら、絶対に3階からも見てみたいーって、思っていたので。

1階席から見た時は2、3階席がうつってた鏡には、1階席がよーくうつっていた。
客席の提灯は3階席から見ると全然うつりこんでいなくて、1階席の通路のフットライトが蛍のように見えてた。
1階席から見えた華やかさとは異なって、なんか幻想的な感じだった。

舞台の様子はもちろん、3階からのほうが良く見えるわけで。
特に、船が嵐にあって難破するシーンの
波の絵の描かれた舞台に照明がちらちらと映ってさざめいているように見えたり
嵐になってからの激しい波の布の動きとかもじっくり堪能できたし。
いたずら4人組が、坊太夫を騙す場の
向月台に4人が見えかくれしてる動きもよーくわかって面白かった。
大詰、琵琶姫と主膳之助が揃う場では
双子のおひとりは(なんたって遠目だから)佐清@犬神家 には見えなかった(笑)。

それぞれの楽しみ方はもちろんあるけれど
この「鏡」を使った舞台を楽しむには、3階席は絶対、お勧めですわよ!
うつりこみかたが半端なく綺麗だし舞台奥までまるっと楽しめます!
大詰の百合の花の庭も、万華鏡のようにモザイクチックに舞台が映り込みしていて、なんともいえない雰囲気。これぞまさに「鏡に映るはまことか嘘か」、その複雑さ。
それに舞台の袖の奥まで見えちゃうし、黒衣さんが幕をひいてる様子も(後ろから映りこんでるから)見えちゃうの。
なんか、舞台の裏までちょこっと見えちゃって♪♪楽しかったぁ!
…じつは、もう一回、千穐楽に行っちゃうの。それはね、1階のちょっと後ろの方、花道よりです。
それも、楽しみー!

亀ちゃんは、今日も飛ばしてました。とてもじゃないけどこの間「いーたーがーきー!」って言ってた人とは思えません(笑)。ブラボー麻阿!

« 想定外 | トップページ | 出張 »

コメント

>urashimaruさん、十倍楽しめますよね!あの鏡の効果で、どこから観ても楽しいし、いろんなとこから観たくなってしまいますー♪なるほど上手下手で見比べるのも楽しそうです。もー何度でも観たいですっ!(^^)

一階と三階と両方見ると十倍楽しめますね!というか、上手下手も見比べたいかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7183366

この記事へのトラックバック一覧です: NINAGAWA十二夜・2回目:

« 想定外 | トップページ | 出張 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ