« "劇写" | トップページ | 8月 »

2007/07/07

きらきら

たなばた。
私にとっては「きらきらビーム」な日でござんす。(なんでかは去年の7/7の記事にあるなりー)
(あ、あんまり関係ありませんでした?私事ですみませーん!笑)
今日は偶然にも、その頃のプロジェクト内容に通じるセミナーがあって参加してきましたが、「きらビー」メンバーにも数人、お会いできましたよ♪

身のまわりに起きるいろいろなことは、必然であって、けして偶然ではない。
ほとんど聞き慣れているような言葉ですが、ことあるにつけ、これは真実なのだと実感します。
今日会えたこともしかり。

悪い出来事だって必然だと、思えないひともたくさんいるようですが、自分に都合の悪いことも悪い人も、自分の学びのための「必然」なので。
どのように自分がそれを感じ取り、感謝と謙虚でうけとめて、気付いたことを実行していくか。
本来あるべき本質でもって正面から向き合って実行したら、その「都合わるいこと」も、きちんと完了して、自分のもとから離れていきます。(または、新たな展開に発展するとか)

いろいろなことから、こんなちいさな自分自身はとても大切で、自分が発したことは確実に回りに影響を与えるのだから、こりゃうかうかしていらんないよねっ!と感じた一日でした。
かなり、特別な一日でございましたよ♪

今日って、スリーセブンだったんですね♪070707〜(^^)

« "劇写" | トップページ | 8月 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7068957

この記事へのトラックバック一覧です: きらきら:

« "劇写" | トップページ | 8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ