« 眠れよい子や | トップページ | プレゼン »

2007/07/01

はんぶん

もう7月ですか!
今年も半分を過ぎたということで…。
年をとるごとに月日が早いっていいますけど
…ほんとだわー。。(^-^;;;
だってこの前、新年の志をたてたと思ったのに。
駅伝に夢中になってたのに。

ここのところ忙しく(あんまりいいわけにならないけど)
ニッキも滞っていましたが
こんなふうにいつの間にか今年も終わってしまう
なんてことのないように。

まいにちがたいせつだもんね。
忙しくても。
こころはそこに在るように。
いたしましょ。

« 眠れよい子や | トップページ | プレゼン »

コメント

>はなみずきさん、楽しいことは秋にあるから…早く感じるんですね!?でもそんな秋もあっという間に過ぎていくんだわー(笑)。

今年は特に早いです(>__<)
お米の収穫は秋ですからね。
楽しいことは秋にあるんで特に早いのかもしれません。
それにしたって早いです。。。

>カビリアさん、自分ではどうしようもないことってありますね。それが何だったかはわからないけれど、ちょっとほっとしてくださったのなら本当に良かった(^_^)。。。
こんな駄文でそんなことおっしゃってくださって、ありがとうございます。
私もすごく沈んでたりしても、何でもないことで起き上がれることがあります。毎日は、その「ほんのちょっとしたこと」で動いているのかなと思います。

>みゅぅさん、建築確認中だったのがいつのまにかビルになってたりもしますものね。ホントに早いものです。
時間の過ごし方によって、時間の早さは変わるような気がしますね。

ほんとうに。ほんとうに。
今年もあと半分ですね。はじまる六ヶ月より終わる六ヶ月は、きっともっと早いんでしょうね。
今日は(自分ではどうしようもないことで)凹んでいたのですが、mamiさんの「まいにちがたいせつ。こころはそこに在るように。」の言葉で、なんだかほっと落ち着きました・・・ありがとうございました♪

こんにちわ。
本当にもう2007年も半分終わっちゃったんですよね。
月日が流れるのが早いということに、最近私もびっくりしたところです。
なにでそう思ったかと言うと、道路工事です。
1月の末に実家に帰る途中の国道が工事を始め、立体交差ができなくなり、とても渋滞するようになりました。その時に看板に「6月30日まで工事」とあり、「ええええ!そんなにいいいい!」と驚いたんですが、5月&6月と実家に帰らなかったらあっという間に開通してました。
本当にびっくりしました。
私も、あれ?あれ?と思っているうちに、今年が終わらないように注意します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7000258

この記事へのトラックバック一覧です: はんぶん:

« 眠れよい子や | トップページ | プレゼン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ