« 出張 | トップページ | クリア »

2007/07/20

帰りました

昨日の夜遅くに、帰りました。
やっぱり、仕事以外の写真撮る暇なんて、全然ありませんでした(^-^;;
なので現場の写真を。
Rimg0014現場がどこにあるのかは、外囲いの表示を見ていただければわかるかと…。店舗設計です。
もう工事に入っているのですが、お国柄の違いかなんなのか、「工程表」というものがない…。
なので、いつ何が入るのかできるのか、わからないんです。
よって、こちらの予定も、たたずじまい;
いちおう私は、店内のスタイリング(什器とか、店内のディスプレイとか、商品のディスプレイとか)までする予定なので、「いつできるか」によってスケジュールが大幅に左右されるんですよねー。
工事のおさめの仕方も、日本とはまったく勝手が違うので、指示したら当然そうなってるだろうと思ったら大間違い。あちらもよかれと思ってやってるんですが、こちらから見るとなんとも?なところが…。
五里霧中前途多難でございます。

みんなに「仕事で韓国なんていいねー」とか言われますが、空港とホテルと現場しか行ってませーん(^-^;
あ、でも現地のクライアントさんのおかげで、お食事だけは美味しいものをいただいております。
チームのスタッフは気持ちの良い方ばかりでありがたいですし。
いいお店になるよう、みんな一生懸命です。。勿論私も。
無事に完了できるよう、みなさまどうか祈ってくださいまし。。。

« 出張 | トップページ | クリア »

コメント

>erikoさん、ありがとうございます!
図面が実際に建ちあがる…本当に嬉しいですよね。ところがこの仕事ではそれがなかなか思いどおりにゆかず…(^-^;
でもみなさん気質はいい方ばかり…がんばります。

>みゅぅさん、食事は焼き肉かなーと恐れていたのですが(お肉食べないものですから)とってもさっぱりした薬膳系のお料理やスープ系のものも美味しかったし、どこのお店でも食べ放題のキムチがやはり絶品でしたよ。

>kirigirisuさん、えーそうなんですか!…いやいや本当に大変ですよね。私は今回海外プロジェクトは初なのですが、現場に行って愕然。でも皆さんはホントに一生懸命やってるんですよー。お国柄の違いですかねぇ。
なんとか、無事に乗り切りたいと思います。お祈りくださって、ありがとうございます!なんか、心強いです!

>はなみずきさん、笑笑笑。なんだか返答に困りますわ♪

韓国へいらしてたのですか~^^
やはり仕事は気持ちよく出来ると嬉しいですよね!
いいお仲間に恵まれているようでいいですね!
わたしも恵まれていると思ってます。初心と感謝を忘れずにがんばります。
私はまだまだCAD初心者ですが、たまに完成現場や内装工事している現場に一緒に連れて行ってもらえます。自分が修正した図面がちゃんと家になっているのを見ると嬉しいなって思います。
mamiさんの担当されたお仕事が無事に完了されますように!

こんにちわ。
なかなか遊びに来れなくて、来てみたら韓国帰りなんですね。
びっくり。
お仕事で行かれたんですね。
国外でも仕事なんて、すごいですね。
ご飯が美味しかったようで、羨ましい。
辛いもの大好きな私なので、よだれが出ちゃいます。

海外での内装のお仕事は、さぞかしご苦労が多いこととお察し申し上げます。

実は、わたしは以前、内装の設計施工会社に勤めておりました。実際に現場に出る仕事ではなかったのですが、海外関連のプロジェクトの大変さは身に染みております。ともあれ、無事に完了されますこと微力ながらお祈りしております。

素敵☆やはりmamiさんは理想を遥かにこえた女性ですわ♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7214380

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りました:

« 出張 | トップページ | クリア »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ