« 眠たい | トップページ | セルリアン能楽堂・定期能 »

2007/07/28

テレビでみる俳優祭

行きたかったけどどうしても行けなかった俳優祭@歌舞伎座、待ちに待ったテレビ放映の日でございました♪
舞台での演目はもとより、模擬店の様子とか俳優さんへのインタビューとか、いろーんな様子がわかって、んー楽しそう!
実は録画予約をし忘れ、最初の1時間ほど欠けてしまいました(T_T)が、まあいっか。
噂の「白雪姫」、なんという豪華な配役でしょう!
玉様と時様がいっしょの舞台に立ってる〜!(ウツクシ〜)小人さんたちのなんて大物ぞろいなこと〜!(小人じゃないし!笑)動物さんたちも、日頃あんなかぶりものをするなんて考えられない面々が〜!(みなさんカワイイ〜!)
みなさん、文化祭風味なこの行事をめいっぱい楽しまれているようで、爆笑の連続でした。
とりわけ、やはり噂の菊五郎さんの「北千住観音」もう意味なく面白く、素晴らしい手の動き(^o^)
もー笑わせていただきました。

模擬店に並ぶ奥様方の、そりゃもう嬉しそうなお顔ったら!
バーゲン会場並みに混雑していてもなんのその、って意気込みが皆さんからわきあがっていましたよ(笑)。
團十郎さんのにぎったお寿司のお味はいかがだったんでしょうねぇ。

歌舞伎に通い出してから初の俳優祭、他の方々の熱意にちょっと引き気味で、なおかつ開催日が土日だったこともあって「行きたいな〜でも行けないな〜」という半端なモードだったワタクシですが、テレビで拝見して、皆様がなぜあんなにチケットを熱望されるのか、よーくわかりましたわん♪
混雑ぶりにはやはりちょっと引き気味ですが、うーん、来年はぜひ行ってみたいなあ。

« 眠たい | トップページ | セルリアン能楽堂・定期能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7302391

この記事へのトラックバック一覧です: テレビでみる俳優祭:

« 眠たい | トップページ | セルリアン能楽堂・定期能 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ