« 帰りました | トップページ | 光る道 »

2007/07/22

クリア

今日の打ち合わせにて。
「クリア」にするということ、「クリア」するということ、
このふたつがいまとっても大切だということ。
そう気付かされた途端、もろもろの滞っていたこととかグレーになってたこととかが、どっとかたちを変えて押し寄せてくる。
おかげで、とても敷居が高くてやりづらかったこと、躊躇して進まなかったこととかを
どうしてもやらなければならない状況に陥る。
そこにはかなりの勇気や工夫や努力が必要だけど、機会をいただいて何とかやりおおせる。ひとつ、ふたつ、少しづつクリアしていける。
ありがたきことかな。

以前は、仕事をするのに、なぜ人生や人格を問われるとこまでいかなければならないのー!
と思ってた時期もあったけど
今は確実に、「生き様」が全てに反映されてくることを納得せざるをえない。
だから、毎日がたいせつ。「気付いたら行動」がたいせつ。
ひとつひとつは少しのことなのだけど。

そんな流れの一環で、お世話になっているかたの結婚パーティの、お振り袖の着付けをさせていただくことになってしまった。
顕在意識では「ムリムリ、絶対むりーっ!」(だって何年も着せ付けてないし自分もここのところ着てないし)と言っているのに、奥底の私の魂の本質は「ぜひにー♪」とやる気まんまんだったのだ。
これに気付いてしまったら、やらせていただかないってわけにはいかんでしょ。
花嫁御前も、勇気あるお方でございます。
ほんとうに、ありがたきことかな。

« 帰りました | トップページ | 光る道 »

コメント

>みゅぅさん、一事が万事。どんなに小さなことに見えても、ぜんぶ自分が出るんですよね。日頃の生き方ってやはり大事だなと思います。

こんにちわ。
人生や人格や生き様って、結構所作や言動に出てしまうんですよね。だから、他人と付き合う場合、とっても大切ですよね。
そうかあ、仕事にも出てしまうんですね。
私も、日々の生活態度をもう1度見直そうかな。

>カビリアさん、ただいま戻りました!(^^)
カビリアさんもそう思ってらしたのですね。私もなんでなんで?なんでそこまで?と思っていましたが、自分のまるごとで物事に向き合ってなかった自分を反省しました。だって、感動をいただいている作品とか物事には、つくった方のあり方がうかがえますものね。
ひとつづつ「クリア」できるようがんばりましょう!
着付けも、がんばります!カビリアさんから、いつも私は感動をいただいていますよ!ありがとう!

おかえりなさいませ!
今日の日記はいつにも増して、私の心に届きました。「仕事になぜ人生や人格が問われるの?」とは、私も同じ気持ちでした。でも今日のmamiさんのご意見を読んで大いにうなづき、気付いたことをたくさん見つけたのです♪私の「きっかけ」はちょっとネガティブなことなんですが、ひとつづつ「クリア」にするために、まずは行動しようと思いました。
mamiさん、ありがとう。そして着付け、がんばってくださいね!(mamiさんならきっと大丈夫!)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7239330

この記事へのトラックバック一覧です: クリア:

« 帰りました | トップページ | 光る道 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ