« セルリアン能楽堂・定期能 | トップページ | 行ってよかった千穐楽 »

2007/07/29

どちらも早々…

12月の国立の予定なども早々と発表されておりますが(kirigirisuさんありがとうございます!)
こちらは来年の巡業。。実に早々と公文協HPに出ております。
亀治郎さんが弁天だー♪観たいなあ。
でもその前に、秋の巡業、どこに行くか決めなきゃ。。。

東コース
 期 間  平成20年6月29日〜7月31日
 演 目  操三番叟/口上/弁天娘女男白波 浜松屋より勢揃いまで
 出演者  市川段四郎/市川亀冶郎 他

中央コース「二代目中村錦之助襲名披露」
 期 間  平成20年6月29日〜7月31日
 演 目  彦山権現誓助剱 毛谷村/口上 他
 出演者  中村錦之助/中村梅玉/中村時蔵 他

西コース
 期 間  平成20年8月30日〜9月25日
 演 目  勧進帳 他
 出演者  松本幸四郎/中村梅玉 他

そして今日は「NINAGAWA十二夜」千穐楽なりー!楽しみなりよー♪

« セルリアン能楽堂・定期能 | トップページ | 行ってよかった千穐楽 »

コメント

>edaatsさん、へえぇーごぜ唄にも忠臣蔵ってあるのですか!日本人は年末になると忠臣蔵ですよね。歌舞伎でもあちこちでかかるんですよ。チラシ、楽しみにしております♪

12月のごぜ唄公演、14日ソワレはめったにできない忠臣蔵になりそうです。
9月になったら正式チラシができるのでpdfでお送りしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7314462

この記事へのトラックバック一覧です: どちらも早々…:

« セルリアン能楽堂・定期能 | トップページ | 行ってよかった千穐楽 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ