« 八月納涼歌舞伎・三部 | トップページ | 甲子園 »

2007/08/21

カフェinソウル

先日韓国に行って納品してきたカフェの仕事。
現場はいろいろと大変でしたが、とにもかくにもオープンしました。
Rimg0040Rimg0018

店内の雰囲気です。
私はこのチームにはスタイリングで参加しましたが、コンセプトが「若くて夢溢れる女性の温かみのあるお店」でしたので、懐かしいような、ホッとするような、女性が好みそうなもの、、という視点でものをあつめています。
なので、モダンだけれども素朴でちょっとかわいらしい雰囲気になっています。

Rimg0119Rimg0140
こちらは、日本からこのプロジェクトのために訪韓してケーキの指導をしているパティシエの方のケーキです。
おいしそう〜!
いくつかいただきましたが、しっかりしていて誠実で、思わず笑顔になるお味でした!
この方のケーキは、もうここでしか食べられないのですよ。。(日本のお店はもう閉めてしまわれたので)うーん、韓国まで買いに行きたいくらいです。

いろいろなメンバーと一緒にさせていただいた仕事、いろいろありましたが、こうしてオープンして、第一号のお客さんがケーキを買って、ケーキの入った箱を持ってソウルの街に出ていったときは(パッケージデザインももちろんしていたので)感動!でした。
帰国してすでに一週間近く経とうとしていますが、あのときのまま、いえそれ以上に光に溢れたお店でいてほしいと、願うばかりです。

…微調整の仕事がまだありますので、完全に手が離れたわけではないのでね。
まだまだ気が抜けませんけれど。

« 八月納涼歌舞伎・三部 | トップページ | 甲子園 »

コメント

>SwingingFjisanさん、ありがとございます。日頃個人の住宅の仕事が多くてあまりここに写真を載せられないので、調子にのってアップしちゃいました(^-^;;
キュウリと茄子茗荷紫蘇の賽の目切り、つくられたんですか?お口に合ったみたいで良かったです!シンプルだけど、切るのがけっこう手間なんですよね。でも、夏のこの時期には食べやすくて。私もけっこうつくります。
SwingingFjisanさんも、お仕事お忙しそうですが暑さ負けせずにのりきってくださいね!

>erikoさん、ありがとうございます!韓国に行く機会があったらぜひいらしてくださいね♪
下でも書いたのですが、パッケージのデザインは専門のデザイナーがしているんです。誤解を招く書き方でごめんなさい。私はお店のインテリアスタイリストとしてディスプレイ全般、什器・ファブリックワークスなどを担当しました。
仕事がかたちになって、残っていって、それでそこに来た人が喜んでくれたら最高!です。

>カビリアさん、ありがとうございます!本当だ、カビリアさんの仰るとおり、異国に嫁入りさせた…そんな感じですね。ぜひいらしてくださいー。ソウルの「アックジョン」という地域のロデオストリート、というとこにあります。
それと、私の書き方が良くなかったのですが、パッケージデザインは、パッケージの専門のデザイナーさんがしているんですよー(^^)。ディレクター、プロデューサー、空間デザイナー、パッケージ、オペレーション、と様々なスタッフが揃ってのチームでのお仕事でした。私は、空間のスタイリングを担当したんですよ♪

本当にステキなお仕事ですね♪ mamiさんの充実ぶりが窺えるご報告で、ジャンルは違え、仕事をもつ身としてはご活躍嬉しくなります。ご健康にはご留意くださいね。
先日mamiさんに教えていただいた、きゅうりとなすの賽の目切りのせご飯、あれから意外とチャンスがなくて、今日やっとやってみました。と~ってもおいしかったです(^^)。満足満足。

素敵な店内!くつろげる落ち着きもあって、居心地がよさそうですね^^かわいいし。
ケーキも美味しそう!パッケージのデザインもしちゃうんですね~
こうして仕事が形になったら嬉しいんだろうな~って思いました。
おつかれさまです!

mamiさん、素敵な(で大変だったと思われる)お仕事、本当にお疲れ様でした!どんなお仕事だったんだろうとアタマの中で想像していたのですが、お写真を見て私までわくわくするような嬉しい気持ちになりました♪ケーキも美味しそうですね!パッケージまで手がけたんですね!素敵~♪異国の知らない人のもとに嫁入り(?)する姿を見届けられて、よかったですね!私もぜひ行きたいなあ。韓国だけど、行けるかなあ?(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7626994

この記事へのトラックバック一覧です: カフェinソウル:

« 八月納涼歌舞伎・三部 | トップページ | 甲子園 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ