« もうひとがんばりだ。 | トップページ | アマテラス »

2007/08/04

煌めき

昨夜、件の知人の結婚パーティが無事終了。
海に近い会場のレストランでは
台風が来るかとドキドキしましたが、風がとっても強いくらいで雨は降らず、感謝。
おかげさまでデザートは、お庭でみなさんでいただくことができましたし、
すべてがとっても和やかで温かくて穏やかな時間の流れる素敵なパーティでした。
お料理も、自然な素材の自然なお味を活かした、調和のとれたものでとても美味しかったですし。
主役のおふたりが手作りしたものが随所に溢れていて、
おふたりの心遣いがまた、やさしく包み込むような、なんともいえない空気感をつくりだしていました。

席次表や、テーブルの上のカードも手作り。
テーブルの名前もおふたりがつけたということで、私のテーブルは「煌めき」でした。
「煌めき」のカードの裏には、キラキラの光の絵が描かれていましたよ♪
そのように、キラキラとした光で、自分もいたいものです。

私にとっていちばんのドキドキ、お振り袖のお着付けも、なかなかうまくいって、
嫁御様のお母さまにも褒めていただけたし、ご本人にも喜んでいただけたようで、
いやーほんとに、良かったぁ!
もーほんとうに、これが気掛かりで、練習したりイメトレしたり(笑)前日も眠れなかったり(笑笑)。
着付けから洋装へのお着替えから、ぜーんぶしたので、大変でしたがよい経験と学びになりました。

こんなお声がかからなければ自分からはきっとやらなかったであろう役割を、
でもきっと自分の本質は“ぜひに〜♪”と望んでいることを受け止めて、
勇気をもって一歩を踏み出して
・・・よかった。
またとない貴重な経験をさせていただきました。
また、活かしていこう。たゆまずに。
ありがとうございました。

« もうひとがんばりだ。 | トップページ | アマテラス »

コメント

>みゅぅさん、やりなおしはねぇ。。ちょっと(笑)
おかげさまで無事に終わり、みなさん感謝と嬉しさに満ちたお気持ちでお帰りになられて、ほんとうにいい結婚パーティでした♪

こんにちわ。
結婚の披露宴やパーティーって人柄が出ますよね。
自分の結婚の後に御呼ばれすると、いろいろ目移りしてしまい、もう1度やり直したいって思っちゃいます。
でも、きっと何度やっても同じかなあ。私たち色が出ちゃうんでしょうね。
着付け、うまくいって良かったですね。
でも、すごい!私は全くできないので、尊敬です。

>カビリアさん、ありがとうございます(^-^)!
もういろんな面で本当にヒヤヒヤでしたが、おかげさまでなんとかやりきることができましたー!(嬉)実はね、着付けのほかにもかなり重要な役割があってそちらもドキドキだったんです。でもこちらもなんとかクリア。
おふたりのセンスも本当に素敵でね、お呼ばれしてたお客様も皆さん素敵な方たちでした。とってもいいパーティでした。カビリアさんの温かいお気持ちも、届いてましたよ〜♪ありがとうございます。

mamiさん、おつとめお疲れ様でした!無事、素敵なおつとめを見事に果たされたようでよかったですね♪(その緊張たるや、すごかっただろうなあ・・・よくがんばりましたー!)
お式も素敵なものだったのですね。本当に良き一日になりましたね♪
「煌めき」という言葉を名づける、主役のおふたりのセンスもいいなあ。そんなセンスの持ち主に着付け等を頼まれるmamiさんという人も、やっぱり素敵なんだなあ!とにもかくにも、mamiさんもおめでとうございます♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7416619

この記事へのトラックバック一覧です: 煌めき:

« もうひとがんばりだ。 | トップページ | アマテラス »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ