« 勘太郎 七之助 錦秋特別公演 | トップページ | 「犬顔家の一族の陰謀」 »

2007/09/10

携帯がこわれたー(>_<)

昨日の朝、弟から携帯に電話があり(親戚に不幸があったのでその相談)、切ったあとにそうだ、もうすこし補足説明しておこうともう一度携帯を手に取ったら、液晶画面が真っ黒!
えぇーっ!なにごと!と思いメインスイッチを切りもう一度入れてみても、あちこち動かしてみても状態は変わらず。
でもぱたんと閉じた時の小窓には表示が出るので全部がだめになっているわけではないらしい。

昨日は一日仕事でほぼ缶詰状態の予定だったので、あきらめてお仕事に。
そうこうしてるうちにその小窓に「着信あり」の表示が…もう気になって気になって仕方ない。
幸いなことに仕事が早めに切り上げられたので、ドコモショップが開いている時間に滑り込めた。

修理の窓口のお兄さん、丁寧に対応してくれて「液晶画面を良ーく見ると、うすーく映っている」とのこと。(私には見えなかったけど、そう言われてみるとなんだか青っぽいラインとかがかすかに見えた。ような。。)「いちおうメモリーのバックアップをとっておきましょう」と、CDに焼いてくれた。
(CDに焼きつけるときの操作は携帯の画面が表示されていないとできないので、ここはお兄さんの経験と勘に頼り切り、見事にやっていただいた!(^-^)v)
心配していたけれど、アドレス帳やメールなどの情報はコピーできてひと安心。
これがないとやっていけないから、ほんとに助かった。

その場でいろいろ調べていただいたが、原因はわからず。メーカー修理にまわしていただくことになった。正味10日ほどかかるということで、その間かわりの携帯を貸し出していただくことに。
こちらへのメモリー移行もやっていただき、当面は困らない状態に。ホッ。。。
ちなみに今使っている携帯は、まだ使用期間が3年以内だった(私はかなり長ーく使うほう)ので、修理は無料。ホッ。。
お兄さんの手際のよさと親切な対応に感謝!

ここに駆け込むまでの半日、どんなに不安だったか…(^-^;;
携帯に何でもメモリーしているし、そのおかげでメモはとってないし、自分で憶えていることも皆無に等しいし。
なんでも携帯に頼っていたら自分の機能もストップしちゃう気がしてきて、そら恐ろしくなった。
これからはせめてバックアップはとっておこう!

« 勘太郎 七之助 錦秋特別公演 | トップページ | 「犬顔家の一族の陰謀」 »

コメント

>erikoさん、データ消えてなくてほんとうに良かったですー(>_<)
あんまり携帯に頼り過ぎてるのもいけないなーと思いましたよ。
戻ってきたらまだしばらく今の機種(只今2年9か月だそうな)を使いたいなと思ってます(^^)v

修理できてデータも消えないでよかったですね^^
私も前の携帯を3年使いましたよ。
早く復活してもどってくるといいですねー^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7880631

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯がこわれたー(>_<):

« 勘太郎 七之助 錦秋特別公演 | トップページ | 「犬顔家の一族の陰謀」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ