« こんどは赤坂 | トップページ | 携帯がこわれたー(>_<) »

2007/09/08

勘太郎 七之助 錦秋特別公演

9月7日 18時30分開演@文京シビックホール
錦秋特別公演 巡業初日に行ってまいりました。
先月の歌舞伎座で勘太郎さん七之助さんがますます上手くなられてるのを観て、楽しみにしておりました(^^)
文京シビックホールには初めて行ったのですが、ホールの大きさ立派さにびっくり。
ロビーもトイレも広くて、ことにロビーではゆっくりお茶を飲めるスペースもあったりで、ゆったりできるホールでした。
客席は1800余だったようですが、このたびは完売ということで、ご立派!
踊りにはそのうまさに定評のある勘太郎さん、美しい七之助さん、それぞれに見応えがありました。

「吉原雀」
吉原雀とは吉原遊郭をひやかして歩く客のことだそうな。
その吉原雀の鳥売りの夫婦(男を七之助さん、女を勘太郎さん)が、客と遊女の遊びをまねたり流行りの歌にのって踊ったり、となかなか華やかで楽しめる演目。
ところが!長唄連中が上手に出ていたのですが、ホールの音響のせいか、高音や鳴りものの反響がすごくて、謡の詞章がききとれず、最初はそれが気になって、あまり踊りに集中できず。
唄に関しては、声質がホールに合ってる方とそうでもない方がいるようで、実に聴き取りづらかった。
中盤以降、耳もそれに慣れてきたのか、踊りに目がいくようになりましたが…。
席の位置にもよるのでしょうが(私は今回7列目下手ブロック、センターよりの通路側と、とっても見やすいいいお席でした!)とにかく音が残念でした。

おふたりの踊りは、初日の第一演目とあって少々固めでしたが、とてもキレイで、なにより吉原の華やかさが伝わってくるような雰囲気で。
吉原の様子などご存じないおふたりなはずなのに(私もモチロン知りません(^^;;)、その頃の吉原はキラキラしたあこがれの場所だったのかしらと、想像させるような空気感でした。
ことに後半の「投げ節」と呼ばれる当時流行った遊女の歌のくだりなど、とても楽しくリズミカルに踊られていて、舞踊にはうとい私も楽しめました。

芸談
短い休憩をはさんで、おふたりの芸談をきくというトークコーナーです。
女性アナウンサーが聞き手となって話を伺うのですが…。
「吉原雀」で力いっぱい踊っていたおふたりは、短時間でダークスーツ姿に。わー素敵!と思ったけれど汗びっしょり!(あれだけ踊ったあとですもの)
ネクタイも上着も脱いでいいのよ〜と声をかけたいくらいでした(笑)。

司会の方から今日の初日にあたって、どんな気持ち?とふられ
勘太郎さんは、前日台風のせいもあって朝5時くらいまで眠れず、台風でお客さんが来られなくなったらどうしようとか、幕が開くんだろうかとか、あれこれ心配をしていたとか。
いっぽうの七之助さん、とっても緊張はしていたけれどお兄さんほどではなかったようで(笑)少しは睡眠時間もとられたようでした。
また、このホールはご実家からとても近い(二階の窓から見えるとのこと)そうで、公演前は二階からホールの屋根(?)を見ながら「あそこでやるんだなぁ」と感慨深いものがあったようです。
ちなみに、この日はご実家からタクシーでホールに入られたということですが、台風の余波か、あまりにもタクシーがこないので「バスにしようか?」なんて話していたとか。それほど近いということで…(^^)

そのあとなぜかお父様勘三郎さんの主演映画「てれすこ」の話へ。
おふたりに感想を聞かれていましたが、その話の時間が長い長い。
主催者側の宣伝目的もあったのでしょうが、勘三郎さんの映画のお話より、今回の演目についてのおふたりのお話がもっと聞きたかったな。
映画はとっても面白そうなんですけど、その印象(宣伝!ていう)がぬぐえずなんとなくマイナスポイント。せっかくトークコーナーがあるのにー。
その後会場から2、3の質問を受け(「ひどく落ち込んだときはどうするんですか?」とか「緊張した時どうするといいですか?」など…)あとのふたつの演目の簡単な解説をして終了。
うーん、あまり「芸談」ではなかった…。

「俄獅子」
澤村國久さん(芸者)、中村いてうさん(鳶頭)によるこれまた吉原を舞台にした舞踊。
先の「芸談」で七之助さんが「ふたりともものすごく練習しました」と言っておられましたが、そのがんばりが現れているような、キビキビとした華やかな踊りっぷり。
この公演中、唯一花道(シビックホールのは舞台下手から斜めに出る短いもの)を使っての登場でしたが、キレイで華やかで「ワァ!」って思いましたもの。
手獅子、扇獅子などの粋な踊りから、情緒あるくどき、ユーモラスな踊りなど、短時間の間にいろいろな要素が入っているもので、見る方はとても楽しめますが、踊る方はさぞかしたいへんなのでしょうね。
おふたりの息も合って、踊りは最後までキビキビと、江戸の粋な雰囲気で、とても華やかで楽しいものでした。
仲之助さん、仲四郎さんが後見でつかれていましたが、こちらも息が合ってたかんじ。

ちなみに、この演目は昼夜入れ替えで、昼は踊り手と後見さんが入れ替わります。

「男女道成寺」
以前仁左衛門さん勘三郎さんで見ている演目。
白拍子花子を七之助さん、桜子実は狂言師左近を勘太郎さん。

一度見ているのでよりよくわかって楽しめました。
七之助さんきれいー。
勘太郎さんも、きれいー。(でもお父さんにそっくり!)
以前見た仁左様の左近は、最初の桜子のときから男性っぽかったんですけど、勘太郎さんのは女性に見えました。
だから男性だとばれてしまうところでは、いきなり男っぽくなってましたけど(笑)。
でもご兄弟の踊りは安心して観ていられます。安定感というか、信頼感というか、そういう地に足がついたものを感じるのですよね。

この踊りは、ふたりがほとんど交互に踊るので、舞台上での衣装の早変わり・ひきぬきはあまり見られないのですが(一回だったかな)こんなに近くでひきぬきを見たのは初めて(な気がする)で、あらためてすごいものだと。後見さんとのコンビネーションも熟練が必要なんだろうと。いやいや感じましたね。
所作がそうさせるのか、今回のおふたりは「若い」感じがしましたね。(下手という意味ではありません。なんか、動作が若いの)

この演目ではお囃子が舞台正面奥にいたので、気になっていた音の反響は少し解消されたのですが、この位置では三味線の音が妙に反響して、音がずれて聞こえるんです。やはり気になりました。
唄がとても綺麗な一曲なのでそれを楽しみにしていたのですが、ちょっと残念でした。


今日が初日ということで、みなさん少々緊張ぎみだったと思うのですが、だんだんにこなれてゆくのでしょうね。
巡業後半でも観てみたいと思いました。

« こんどは赤坂 | トップページ | 携帯がこわれたー(>_<) »

コメント

>とこさん、こんにちは。
うわぁ、昼の部ではそんなお話が出たんですか!貴重なお話ありがとうございます!
昼の部と夜の部では、芸談の内容が少々違っていたようですね。夜の部では、もう(本番とはいえ)いちど鐘の上に乗っていたので、七之助さんの不安も消えていたのでしょうね、そのお話は出ませんでした。
生のお話ですから、その場その場でどんな話が飛び出すか、楽しみですね。全部聞きたくなっちゃいます(^-^;;

おじゃまします。私は、昼の部を見に行きました。地元ですので、区民先行予約とやらでチケット取りをして、6列センター(オケピの位置)でした。
「芸談」の時に、台風の影響で高速道路が閉鎖になり、10時からの舞台稽古に大道具が届かず、大道具なしでしたことや、大道具搬入が開場時間少し前だったと勘太郎さんが話していました。又、七之助さんは「道成寺」の鐘に載っていないので心配だったそうです。同じ日でも話す内容が、違うのかしら?

>SwingingFjisanさん、おおやはりそうでしたか(^^)文章の感じと、和光市に行かれるっていうことからなんとなくそうかなと…。良かったです(^-^)
「芸談」は聞き手によっても場所によっても内容が違うでしょうから、本当に楽しみですね。行かれたら、ぜひ教えてくださいね!

らららら、名前を入力するのを忘れていましたか。ごめんなさい (^-^;
こういうふうに、粗忽者なのです…。
よくぞわかっていただいて、ありがとうございます(こんな慌て者は私だけですよね)。
芸談、楽しみです。いや、もちろん、芸が一番楽しみですが。

今度は名前、大丈夫だろうなあ…

>(SwingingFjisanさん、かなー。。間違っていたらごめんなさい!)
台風の当日ではなくて本当に良かったです。おふたりの行いが良いのかな?(笑)
錦秋公演は初めて見たのですが、若々しくていい舞台でした。
「芸談」は、プログラムにもしっかりと印刷されていましたから、各地で行われると思いますよ。ご当地の話題やホットな情報なんかも折り込まれそうだし、楽しみですね!

おお、見ていらしたのですね。1日早かったら大変でしたね。私はシビックホールを取り損ねたので(生まれたところのすぐそばなので、とても残念)、14日に和光市で見ます。
「芸談」は、毎回あるのでしょうかしら。きっとこの日だけでしょうね。勘三郎さんのお宅はたしか小日向だったと思いますから、たしかにシビックからは近い。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/7852015

この記事へのトラックバック一覧です: 勘太郎 七之助 錦秋特別公演:

« こんどは赤坂 | トップページ | 携帯がこわれたー(>_<) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ