« 突然、秋 | トップページ | 歌舞伎座昼の部 »

2007/10/04

みつめてきた。

1日〜3日、ちょっとのんびりしてきました。
やっとこさの、夏休み(?秋休みですねもう)です。
自宅が兼・仕事場の私は、家にいるとどうしても休めません。
「今日は休もう!」と思っていても、なにか問い合わせの電話があったりすると、資料がすぐそこにあるもんだからついついその場から「お仕事モード」になってしまします。
なので、今回は「なんにもしない」をテーマに、家を離れました。

貧乏性な私は、どこかに行くと、ついもりもりとなにかを見に行ったり、どこかを探索したりしてしまうのですが、今回はちょっと近くの美術館に行ったり(徒歩5分!)水族館に行ったり(船で15分!)しただけで、あとはホテル(とそのお庭)で、のんべんだらりと過ごしました。
いちおうカメラは常に手にしていたのですが、今回、いちばん枚数を撮ったのが、これ。

Rimg0013バイカルアザラシちゃんです。
水槽の前にはりついてる私の目の前で、ずーっと、くるくる泳いでてくれてた(遊んでくれてた?)んだもん。
かわいーよーう。


…10月にはいり、ゆっくりと自分をみつめてきた、という一面も、いちおうは、ある。。。(^-^;;

この場所にはずいぶん前の「忘れ物」もあったので、それをとりに行ったりも、しましたの。
とてもたいせつな、時間を過ごせました。

« 突然、秋 | トップページ | 歌舞伎座昼の部 »

コメント

>はなみずきさん、そうそう、都会を離れて田舎で(?)ゆったりすると、田舎時間が洗い流してくれるものがありますよー♪

>みゅぅさん、おかげさまでボーっとしてきました(笑)。
部屋でボーっとして、庭でボーっとして、岸辺でボーっとして。
でもいつもよりたくさん散歩したので(それも山道)若干筋肉痛になりました。笑。

良い写真ですね~☆
私もこんな風にゆったり過ごす時間をつくろーっと♪

こんにちわ。
お仕事からちょっと離れて、気分転換できましたか?
ただただぼーっとする日や、自然に触れる日や、非日常な時間を過ごすことは、とっても重要なことだと私は思います。
忘れものも取りに行けたようですし、また1歩前進ですね。
私も新しい1歩を踏み出そうと思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/8240443

この記事へのトラックバック一覧です: みつめてきた。:

« 突然、秋 | トップページ | 歌舞伎座昼の部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ