« 青山能の感想 | トップページ | 一日まるっと、三響会♪ »

2007/10/27

十月大歌舞伎夜の部

千穐楽、やっと夜の部に行ってきました。
雨の歌舞伎座、ほぼ満席でした。

「牡丹燈籠」、こういうお話とは知らなかった。
有名なものって、意外ときちんと知らないものなのね。
幽霊が化けて出てくるコワイお話、というより、化けて出ちゃうような人間のコワさ、日常の些細なことの積み上げでできてしまう滞りのコワさ。
3組の男女が織り成すその不可思議さ恐ろしさが語られる(落語家円朝による高座のシーンが挟まれていて、この演出が面白い)のだが、滑稽で笑えるところが何度も出てくる。
亭主が浮気したのを怒ったり拗ねたりつぱったりしている奥方とか、幽霊に怖がる亭主とか、恐いながらもお礼の百両は幽霊からきちっともらっちゃうとか。ちゅうちゅうたこかいな、リフレイン。
仁左様も玉様も素敵ー!仁左様と一緒のときの玉様のかわいいことったら、この上ないの。
錦之助さんが吉弥さんに殺されるシーンの、型の美しいこと。
玉様が仁左様に殺されるシーンも、壮絶に美しいこと。
必死なのが滑稽で笑っちゃったり、のらりくらりしながらも壮絶だったり。
怪談だと思っていたけど、ものすごく深い人間ドラマでした。

「奴道成寺」、三津五郎さんさすがにうまい。
おかめ、ひょっとこ、おかめ、ひょっとこ、のところ、息、苦しいだろうなあ。
所化の玉雪さん、功一さん名題昇進のお披露目口上があったり、所化は小吉くん鶴松くんもいたりしてバラエティ豊か。隼人くんが美少年です。
花四天との踊り、好きだなあ。
なんだかお目出度い気持ちになる、「奴道成寺」。

すごい楽しかったんだけど、「めで鯛焼き」が売り切れてて、残念。

« 青山能の感想 | トップページ | 一日まるっと、三響会♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/8630381

この記事へのトラックバック一覧です: 十月大歌舞伎夜の部:

« 青山能の感想 | トップページ | 一日まるっと、三響会♪ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ