« 牛すじおでんと金のおでん | トップページ | エネルギーいただきました。 »

2007/11/18

十一月顔見世昼の部

おおいに楽しませていただいた顔見世、かんたんに感想です。

「種蒔三番叟」
三番叟はたくさんあって、私などなにがなにやら?なのですが、なんといっても御目出度くて楽しくて華やかで、観ていて楽しい演目です。
これは梅玉さんのお家に所縁のあるものだとか、寿ぐ梅玉さんが華やかに、美しい。
千歳の孝太郎さんものびやかに。
三番叟独特の、軽やかさと、フワフワキラキラした光が舞台に舞っているようで、眼福、幸せ♪

梅玉さんの後見で梅之さん、折り目正しく気配を消して、つとめてらっしゃいました。
筋書きの小鼓に傅次郎さんのお名前があったんですけど…気付かなかった。今月は玉三郎さんの舞踊公演でなかったのかしらん?お舞台で小鼓も、なさるのかしらん?

「傾城反魂香」
最近あちこちでかかっていました。「反魂香」流行り?
吉右衛門さんは、こういうお役がうまいですねぇ。
修理之助の錦之助さん、すっごく若い!本当に、修行中の書生さんに見えました。以前この演目を観たとき、修理之助はもっと野心がある感じに思っていたのですが、錦之助さんの修理之助はひとえに己の道を極めようとしている、純粋な若者に見えました。

虎の登場のしかたに、いつもつい笑ってしまいます(^-^;;

「素襖落」
松羽目ものの舞踊、こういう演目は大好きです。華やかだし、笑えるし。
幸四郎さんはあんまり…なのですが(苦笑)鈍太郎の彌十郎さんが、いい味を出されてました。
そして、浄瑠璃のお三味線に、大好きな鶴澤寿治朗さんが!けっこうそちらばかり見てたりして(^-^;

わかりやすくて見やすくて歌舞伎らしくて、純粋に楽しめる演目でした。

「曽我綉御所染』
御所五郎蔵でございます。こちらで言われたほうが通りがいいですね。
仁左衛門さんの五郎蔵は、めちゃくちゃいい男です(^o^)/
最初に登場するところが、両花道を使っての五郎蔵一家と土右衛門一家の出会いの渡り台詞。響きも美しく古典調、花道を鋏んで華やかで歌舞伎らしい場面です。
私は今回三階席で、この場面が見られなかったのは、残念!

あいそつかしをする場の皐月・福助さんも、皐月と勘違いされて殺されてしまう逢州・孝太郎さんも、それぞれの心情をほどよく表現していて良かったし、土右衛門の左團次さんもならではと思える憎めなさ。
そして何度も書いちゃいますが、仁左様、ほんとうにすてきー♪

名うての歌舞伎役者ぞろいで、いかにも歌舞伎らしい演目を、これでもかと見せてくださって、演目の充実度はさることながら、さっすが顔見世!という雰囲気も存分に味わえました。

« 牛すじおでんと金のおでん | トップページ | エネルギーいただきました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/8995864

この記事へのトラックバック一覧です: 十一月顔見世昼の部:

« 牛すじおでんと金のおでん | トップページ | エネルギーいただきました。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ