« 銕仙会十一月定期公演 | トップページ | いいことを聞いてしまった »

2007/11/11

食べたいが止まらない

いったん凝りはじめると、食べたくてつい毎日のようにつくってしまう。

ちょっと前までは、味噌だれ。
生姜をうんときかせ、たっぷりの長葱の微塵切り(究極に微塵切りがのぞましい)と、お酒や少々の胡麻や大蒜なんかで味をつけて煎りつけたもの。
砂糖は入れちゃだめなのよ。甘みが欲しかったら、みりんで取るべし。
これにさらに胡麻をきかせてもよいし、ひき肉なんかを入れてもよい。
それで茄子と炒めたり、豆腐にのせたり。
これを毎日つくっていた。

あと、西京味噌とか仙台味噌とか、いろんな味噌に、魚とかお肉とかを漬けたのにも
凝ってて、毎日仕込んでたり。
このころは、「お味噌な日々」だったなあ。。。

最近はじゃこ葱豆腐。
じゃこはごま油でじっくりとカリカリにする。
たっぷりと、水にさらした白髪葱を豆腐に盛り付けて、ごま油の熱いうちに
ジュッとまわしかける。
あと、油揚げの中に、葱とか茗荷とかを入れて、
お醤油でひたひたにしたおかかなんかも入れて、
ただ、網で焼く。
いまは「葱と豆腐な日々」かなあ。

手がかからないけど実においしい、こんなものばかりが好物である。

実は、寒くなってきたので、近所にあるおでん屋さんに行きたくて、
人と会う約束をした日にそれではと、予約の電話を入れたら、いっぱいだった。
残念!
と思ったらその日から、おでんが食べたくてたまらない。
自分でつくったのではなくて、そのお店のおでんが、ね。
うーーーん、たべたいー!

こんなふうに、食べ物のことをつらつらと考えることができる、
毎日ってしあわせ。しあわせ、なんだよね。
それって、「感謝な日々」なのであった。

« 銕仙会十一月定期公演 | トップページ | いいことを聞いてしまった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/8874337

この記事へのトラックバック一覧です: 食べたいが止まらない:

« 銕仙会十一月定期公演 | トップページ | いいことを聞いてしまった »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ