« 「顔見世って、やっぱりいいわあ」 | トップページ | 十一月顔見世昼の部 »

2007/11/16

牛すじおでんと金のおでん

お昼間は久々にお会いする友人とランチ。
香川在住ひとり、東京在住ふたり。(ワタクシは東京在住組)三人、練りものの話で盛り上がる。
関西では「天ぷら」といえばこちらでいう「さつまあげ」全般にあたるらしい。
関東では、「天ぷら」は海老やキスや野菜を、衣をつけて揚げた、アレですよね?
「さつまあげ」はなにが入っていても丸くても四角くても「さつまあげ」である。
関西だと「まる天ぷら」「上天ぷら」とか、全部名前がちがうらしい。

えーじゃあ、おでんに入ってる練りものはなんていうの?と聞いたらやはり「天ぷら」だそうな。
こちらで「ごぼう巻き」「いか巻き」って呼んでるものは「ごぼ天」「いか天」。
そして必ず「牛すじ」で出汁をとるらしい。
関東では「牛すじ」売ってないよーというとすっごい寂しそうな顔(笑)
でも、関東の「ちくわぶ」はご存知なかった。(おいしいのよーん)

地域によっていろいろ違うのね。面白かった。

夜、たまたまお会いした方と、奇しくも「金のおでん 羽重」というお店に行く。
ここは、「ニューウエーブおでん」的なお店で、お出汁がこの日は3種類。
金のおでん(鶏の出汁)、赤のおでん(カツオ・醤油の関東風)、黒のおでん(牛すじ・たまり・味噌の出汁)(ちなみに、豆乳の入った白のおでん、というのもあるらしい)
あらら、さっそく牛すじ出汁、いただいちゃったよ?(^o^)/
でも、お味噌も入っていたりして、友人のいう牛すじ出汁とはかなり違うと思うけど。
金の出汁の湯葉、赤の出汁のちくわぶ、黒の出汁のたまご、などなどみーんな美味しかった!
お味がよーくしみ込んでいて、でもたねの色はあんまり茶色くなってなくて、きっとじっくり仕込んでおいて出し際にさっと各々の出汁で仕上げていると思われる。
だって、おでん屋さんでは定番の、おでんがいっぱい入って湯気をたててる鍋が、ないのよ!
お馴染みの「おでん」とはひと味違ったおしゃれな感じだったので、デートに最適かも。
とってもスマートで、美味しいお味の、女性に人気がありそうなお店でした。
でも私としては、浅草や銀座の裏道なんかにあるおやじ的おでん屋さんも、ちょっと恋しかったぞ。

ちょうどこの日は、夜はけっこう寒くなりおでんにぴったりと相なりまして。
…おでんの、季節ですねぇ。(^. ^)

« 「顔見世って、やっぱりいいわあ」 | トップページ | 十一月顔見世昼の部 »

コメント

>みゅうさん、やっぱり西の方は牛すじなんですね。
あちらでは牛すじをコトコト煮込んで出汁をとるそうですね。でもって、牛すじじたいはあんまり食べないって、友人は言ってました。「おでんだね」というより本当に「出汁」なんですね。

こんにちわ。
私は牛スジ、主人から教えてもらいました。
主人は大学時代四国にいたので、知ってました。
でも、こちらではどこでも売ってるわけではないので、探しました。
そして、おでんには必ず入れるようにしてます。
でも、だしは市販の「おでんの素」だけど…。

>すぱいらるさん、渋谷会合ではありがとう!楽しかったですねぇ(^-^)v
牛すじ出汁は、美味しかったですよ。もっとこってりしてるのかと思ったら意外とさっぱりしてて。でも、そのお店のはアレンジされていて、伝統の牛すじ出汁とは違うと思うけど。
その後、なんとなくスーパーで気をつけて見てたら、牛すじ、おでんコーナーの隅にひっそり、いました!でも、煮込んで真空パックされてるもので、やっぱりすぱちゃんの言ってるのとは違うかもです。
ちくわぶ、ぜひ挑戦してくださいませ〜!

>kirigirisuさん、そうそう、思わぬところで盛り上がりました(笑)。
関東では「ちくわぶ」は人気のおでん種ですよね。私も大好き。
あちらでは「牛すじ」は欠かせないみたいで、関東ではあんまり見かけないと言ったときの、友人の寂しそうな顔といったら(^_^; きっとちくわぶ知らないと言われたときのkirigirisuさんと同じですよね。
地域によって、お雑煮のように全然違ってたり、メニューは一緒でも微妙に違ってたり。そういう話、ほんとに楽しいです♪


あら、夜おでんとは偶然でしたね。牛すじだしはいかがでしたか?おいしいんですよ(笑)。渋谷会合?ではお世話になりました。楽しかったですね。所変われば品変わる。こんどはmamiさんおすすめのちくわぶに挑戦してみたいです。

おでんが美味しい季節になりましたね。

以前に九州出身の友人と話していて「ちくわぶ」を知らないと聞いてビックリ。その場に居た人達と思わず「ちくわぶ」談義。全国的な食べ物でないと分かったときはショックでした(笑) という私は「牛すじ」にお目にかかったことがありません(^^;

メディアや情報の発達で日本全国どこも同じような印象があるんですが、こういう風に地域によって食べ物が違うっていう話ができるのは、なんかいいですね。(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/8958355

この記事へのトラックバック一覧です: 牛すじおでんと金のおでん:

« 「顔見世って、やっぱりいいわあ」 | トップページ | 十一月顔見世昼の部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ