« もういくつ寝ると | トップページ | あけました♪ »

2007/12/31

みなさまへ

今年ももう終わろうとしています。早いなぁー。
気ままに綴っているこの場所に足を運んでいただいて、いつもありがとうございます。
飽きっぽい私が、ともあれ続けていけているのはひとえに、みなさまのおかげと感謝しています。
ここでなければお会いできなかった、たくさんの素敵な出会いにも、とても嬉しく、感謝しております。

来年は、どんな一年になるのでしょう。
いつもいつも、明日が楽しみであるような、そんな日々を過ごしていきたいですね。
そんな、素敵な年明けを迎えることができますよう。
ただいま実家におりまして、ネット環境がないので、こちらでご挨拶させていただきますね。
みなさまのところに伺えなくてごめんなさい。
年が明けたら、あらためて(^-^)

今年一年、ほんとうにありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。m(__)m

« もういくつ寝ると | トップページ | あけました♪ »

コメント

>kirigirisuさん、あけましておめでとうございます。
私こそ!kirigirisuさんの感想をいつも楽しみにしております(^-^)
ほんとうに、能楽堂でお目にかかれるといいですね♪
今年の楽しみのひとつといたしましょう(^-^)
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

>SwingingFjisanさん、あけましておめでとうございます。
SwingingFjisanさんの感想レポ、いつも楽しみに読ませていただいています。
えっ、そんなところあったっけ?なんて、読ませていただくまで気付かなかったこともたくさんあります。
今年も楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。(^-^)

>みゅうさん、あけましておめでとうございます。
実家では、ひとり暮らしの父のために、お正月準備に行っているので、いつもとは違う働きぶりなんですよー。
家にいたほうが休めるかも(笑)
でも、実家っていうだけでも和みますねー。
今年もよろしくお願いいたします。

>二郎さん、あけましておめでとうございます。
二郎さんの写真をみるたびに、横浜が懐かしくなって、あぁ私はやっぱり横浜が好きだなぁと、実感しています。
今年も楽しみにしておりますので、マイペースで更新してくださいませー(^-^)
駅伝ウォッチ、してますよー(笑)
今年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます

こちらこそ、mamiさんのブログをとても楽しみに、そして励みにさせて頂いています。今年はどこかの劇場(お囃子好きとしては能楽堂でしょうか?)でお目にかかれれば嬉しく存じます(^^) 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
お芝居の感想だけでなく、mamiさんの生き方や考え方が綴られているブログはmamiさんの宝物じゃないかと思います。今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
ご実家でお過ごしなんですね。
いつも忙しいmamiさん、ゆっくり骨休めしてきてくださいね。
今年もmamiさんの見たこと、感じたこと、書いてくださいね。
とても勉強になるし、楽しいです。

あけましておめでとうございます。
ばたばたしていたらいつの間にか年を越しておりました(汗)。
今年も宜しくお願い致します。
そして、mamiさんの箱根駅伝ウォッチ、楽しみにしております(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/9651145

この記事へのトラックバック一覧です: みなさまへ:

« もういくつ寝ると | トップページ | あけました♪ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ