« 忠犬ヒルズ | トップページ | 子犬の名はリッラ »

2007/12/01

顔見世夜の部感想

そういえば書いてなかった。
もう千穐楽も終えてしまったし十二月になっちゃったし今さらかなぁーと思ったけど、夜の部も顔見世ならではの華やかさだったので、自分の憶えのためにも簡単に。

「宮島のだんまり」
だんまりだけで一幕成立してしまうというのも興味深い。
型が美しくて、ゆっくりしてて、様式的で、豪華キャスティング。
引っ込みもにぎやかで楽しい。
どれが誰だか、追いかけていって、ほぼ全員わかった頃に終わってしまった(爆)

「仮名手本忠臣蔵」九段目 山科閑居
やっぱり吉右衛門さんの大星由良之助はいいわねぇ♪ちょっとしか登場していないけれど、全体に存在感がゆきわたっている感じ。
戸無瀬の芝翫さんがまた、情のある凛々しい母親(継母)で素敵。昔の女性はどこか筋がとおっているよなあ。…と思わせる芝翫さんの演技。

「土蜘」
楽しみにしていた菊五郎さんの土蜘。
菊五郎さんのくまどりって、いつも指で描いたみたいなんだけど、土蜘も大胆でおおらか(笑)。
蜘蛛の糸をパァーっと投げるとこは、やっぱり見ていてわくわくするし、菊五郎さんの動きが美しく力強く。
期待通り見応えたっぷりで大満足。

「三人吉三巴白浪」大川端庚申塚の場
コクーンで初めて観たので、古典的(?)な演出では初の観劇。
お嬢吉三はその倒錯加減が福助さんのほうがイメージだったが、あの有名な美しい科白は孝太郎さんのが良かった。
染五郎さんも思ったより良かったけど、松緑さんの和尚がことのほか良かった!若いのでどうなるのかなーと思っていたが、なかなかどうして気っ風の良さ懐の深さ威勢の良さがあり、こ狡い処世術やその奥の深い悲しみなんかも垣間見えて、心に残った。
でも、大川端の場だけでは、あの三人の深い因縁はわからないよねぇ。

…感想は短いけど、夜の部イチオシは「土蜘」だったのでした(^o^;

« 忠犬ヒルズ | トップページ | 子犬の名はリッラ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/9149596

この記事へのトラックバック一覧です: 顔見世夜の部感想:

« 忠犬ヒルズ | トップページ | 子犬の名はリッラ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ