« 新春浅草歌舞伎・一部 | トップページ | 亀治郎さんの情熱大陸 »

2008/01/05

寿初春大歌舞伎・昼の部

200801051035000昨日に続き歌舞伎の日。
今日は歌舞伎座へ。
新春早々なんとも観劇三昧でございます。(^-^)。が、ワタクシじつは仕事初めは2日でございましたの。
だからいつものように、仕事しながらお芝居も、ってことで。ほかの皆様の馬力がかかるまでに沢山観ておこうかなーなんて。えへへ♪
ま、じっさい今日あたりからクライアントからの電話、くるくる(笑)。
なんで、やっぱり昨日まではゆっくり観れて良かったなあ。
そしてお正月の歌舞伎座は、やっぱり「お正月」の雰囲気満点で、気分も華やかなら、もちろんのこと舞台も華やか。堪能させていただきました。
200801051033001

「猩々」
お能でも「猩々」ならびに「猩々乱」で同じ演目があります。
歌舞伎で観るのははじめて。
やはり歌舞伎だと、華やかさがいっそう増すかんじで、舞台が明るくなりますね。
ふたりの猩々と酒売りのやりとりも楽しい。
お囃子の、お笛がとても素敵でした。
残念ながら今日は筋書きを買わず(今月後半にもう一度くるのでその時までお預け=舞台写真待ちなんです)おまけにお席も3階だったので、どなたか確認できず。
でも笛のときに大向こうがかかっていましたよ。(めずらしいですよね?)
ほんとに素敵な音色でした。


「一條大蔵譚」檜垣・奥殿
吉右衛門さんの一條が、良すぎるー面白すぎるー上手すぎるー!というくらい嵌っていました。
もともとわかりやすいお話だし、奥は深いけどおおいに笑えるし、見やすい演目ですよね。
お京の魁春さん、良かったな。
一條は、亀ちゃんも「亀治郎の会」でやっているんですよね。観たかったなあ。


「けいせい浜真砂」女五右衛門
雀右衛門さん、あのキャリアにして初役ということでも話題、そもそも雀右衛門さんが出演されるだけでも話題、ですよ。お正月、っていう感じですよ。
出の場面だけで、綺麗で華やかではんなりしてて、もう花や蝶が飛んでるんじゃないかと思いました。
ポーっとしてたら、すぐに終わってしまいました(笑)
上演時間、15分くらいだったと思われます(^-^;


「魚屋宗五郎」
前に勘三郎さんで視たときは、もっともっと「世話物」っぽい市井のお芝居という風味でしたが、幸四郎さんの宗五郎はもちょっと二枚目ふう。
たしかに笑わせるところは笑わせて、緩急ありましたが、最初に見ちゃったのが勘三郎さんとあって、その印象が強くて、なかなか払拭できませんでした。
どちらがいいとか、そういうことではなくてね。
ここでも、女房おはまの魁春さんが、光っていました。
私の中では、失礼ながら(>.<)いままであんまり印象なかったんですけど、本日赤丸急上昇でした!


「お祭り」
團十郎さん十八番のご祝儀演目ですね。
もー、團十郎さんが登場するだけでお正月でおめでたいです♪
踊りも軽やかで、なんかもうほんとうにね、ご病気から恢復されたんだなぁって思って、嬉しいし感慨もありました。


昼の部は、いつつも演目があって、「けいせい…」と「お祭り」は短いんだけれども、それぞれ休憩が15分とか20分とかあって、終演が3時55分。
夜の部まで30分少々とあっては、入れ替えがきつそう。
もしかして今後、休憩時間が調整されるかもしれませんね。
その分、というわけではないでしょうが、夜の部は演目もみっつ、終演は8時半予定になってました。

休憩時間はお土産売り場が大繁盛。
福袋も出ていて、ちょっとそそられましたが、私の目の前で「なにがはいってるのか?」とものすごーくねばってる方がいらしたので、なんとなく入れませんでした。。。
でも、2008年版「かぶき手帳」はしっかり購入。
休憩中に写真を見てニヤニヤしちゃいました♪

このあとは、しばらく歌舞伎はお預け。
月後半に、国立と歌舞伎座・浅草(それぞれ夜の部)にまいりますー♪

« 新春浅草歌舞伎・一部 | トップページ | 亀治郎さんの情熱大陸 »

コメント

>edaatsさん、
絶好調です♪ほんとうに、TVでも歌舞伎初日の様子を放映してくれて…とても楽しみました。
私は2日からぼちぼち仕事していますので、もう馬力かかりまくりです。
台湾、いいですねぇ。美味しいものたくさん召し上がってきてくださいね。
そして、お土産話のアップ、お待ちしてます♪気をつけて行ってらしてくださいね(^-^)

(^^♪
2008年の出だし好調ですね。TVでも古典芸能いっぱいの週でした。
普段なかなか観られないものにTVで触れることができる一週間でした。
私は明日から仕事スタート。二日仕事して9-13日は台湾でノンビリ。相変わらず遊びの2008年起動です。(爆)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/9735356

この記事へのトラックバック一覧です: 寿初春大歌舞伎・昼の部:

« 新春浅草歌舞伎・一部 | トップページ | 亀治郎さんの情熱大陸 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ