« みなさまへ | トップページ | 寿始め »

2008/01/01

あけました♪

あけました♪
おめでとうございます。
強風だったり、雪だったり…たいへんな年末でしたが、元旦の今日は穏やかな晴天となりました。
あ、ワタクシは横浜に来ております。
横浜は、ほんとうに素敵なお天気で新年を迎えました。ありがとうございます。

大晦日までは大忙し(^o^;でしたが、今日は午後になって少し時間があったので、義妹と赤レンガ倉庫までお散歩してきました(^-^)
オープンエアのスケートリンクで楽しむ家族連れ、お買物に余念のない若いお嬢さん、可愛いペットとゆったりしているカップル…みんなそれぞれのお正月、楽しんでいました。
もちろん私たちも!
義妹とバカ話をし、ふたりでアクセサリーを買い、お茶を飲んで満喫!
あー楽しかった!

お正月でもないとなかなか顔を合わせる機会も少ない家族ですが、こんな時間を過ごせるように大切にしたいなぁと思ったしだい。
月並みですが、今年もまた、家族を大事にしたいなと思います。
その場所が「横浜」ということも私にとってはとても重要!
大切なものは、いつのときも大切にしたいですね。

コメントをくださったみなさま、ありがとうございます。
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
東京に戻ったらコメント返しさせていただきますね。
横浜からでした(^-^)/~
いつもありがとうございます。

« みなさまへ | トップページ | 寿始め »

コメント

>はなみずきさん、阿部さんとはサダヲちゃんですねー?(^o^)もーう、機会あればお誘いしちゃいますので、とくとよろしく♪
舞妓haaaan!!!をワタクシまだ見ておりません…家で見るに耐えるでしょうか…笑。

そうそう!今年は阿部さんを観に行く機会がありましたら是非お誘いくださいー。舞妓Haaaan!!!のDVD買ってしまった!

>お気楽さん、あけましておめでとうございます。
これ、携帯で撮ったんですがなんだか絵はがきみたいな絵面ですねー(^-^;;
横浜は確かに新旧入り混ざって、なんともいえない風情があります。
ミナトヨコハマの名のとおり、古くからモダンな建物も多いですしね♪

あけましておめでとうございます。
横浜の赤レンガ倉庫ってイイ感じですよね~
なんかすごーく天気が良くて羨ましいなぁ・・・。
なんか横浜って新旧が融合して独特の味が
ある街ですよね~。

>はなみずきさん、あけましておめでとうございます(^-^)
石井さんばかりじゃなくて、礼央さんにも愛を分けてねー!(笑)
そして、私と一緒に、礼央さんにおつきあいくださいませ。
今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました!
今年もよろしくお願い致します☆
またレオさんに会いに(笑)行きましょうね♪

>erikoさん、おけましておめでとうございます。
京都でお正月なんて、最高ですね!
除夜の鐘があちこちで鳴り響いていたことでしょうね。
でも、とっても寒かったのでは?
こちらは比較的暖かで穏やかな元旦でした。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

>edaatsさん、あけましておめでとうございます。
昨年は思いがけずお会いできて嬉しかったです♪
「とろまん」とは何ですか?三崎というからにはもちろんマグロですよね。美味しそうー!
edaatsさんの「千点」楽しみにしています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

おめでとうございます。
穏やかなお正月ですね^^
私は今年の年明けは京都で迎えました。もう帰ってきて今日からはのんびりです。
今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
横浜でノンビリでしょうか・・・。
私もいつもどおり横浜でウダウダです。(^^♪
毎年末には中華街でお気に入りの肉まんを買って年越しをするのですが、今年は三崎の「とろまん」になりました。
年のせいでしょうか・・・・笑

今年もお仕事の合間に古典芸能の数々を楽しませてください。
よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/9674383

この記事へのトラックバック一覧です: あけました♪:

« みなさまへ | トップページ | 寿始め »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ