« 夢一夜 | トップページ | 寿初春大歌舞伎・夜の部 »

2008/01/22

サンド

ウィッチマンが大人気である。
私は根がお笑い系(そうけしてシリアス系じゃないのだ)なので、面白いものは大好きだが、あんまりテレビを見ていない(お正月の駅伝は、別!)ので、最近のひとたちをよく知らない。
でも、テレビを見ないのに、何故か昨年のM-1決勝は偶然にも、見た。
見て、サンドウィッチマンがとっても面白くて、最後まで見てしまった。

ルックスが汚れ系でコワイのがいい。(最近のひとたち、スマートすぎるんだもん)
なんだか不器用そうなのもいい。(器用さだけで出てくるひとも多いもんね)
なによりネタがきちっと作り込まれてて、演技力があるのが、いい。
(一発芸みたいなひとは私は嫌いである)

このひとたちは、あんまり華はないけど、地道にネタつくって、面白いってみんなに喜ばれて、それが本人たちも嬉しくて、そこそこに活動していく、そんなひとたちなんじゃないかなあと思った。
ライブで見たらもっと面白いかも。だって結構、ネタがブラックだもん。

ことし一年は、テレビでひっぱりだこだろうけど、そこで瞬発力というものも身に付けて、そのあとは落ち着いて、ちゃんとしたネタで食べてく芸人さんになったらいいなあ。
ま、活動歴も長いようだし、彼等を見てると培ってきたものがそう簡単に崩れそうな感じはしないし。
今までにない、骨太な芸人さんに、ぜひぜひなってほしいもんだ。

ちなみに、ピザ屋も街頭アンケートも超絶に面白かったけど、私は真夜中のラジオ(だったかな?)っていうのがけっこうお気に入りである。


« 夢一夜 | トップページ | 寿初春大歌舞伎・夜の部 »

コメント

>みゅぅさん、義妹も前回はチュートリアルが断然面白かったと言っていました。
私は今回、たまたま見ただけで、ほかの人たちはほとんど知らないんですよ(^-^; ただ、サンドウィッチマンが面白くてつい見ちゃった…(笑)正直いうとほかの人の、あんまり覚えてないんです。

こんにちわ。
私、4年くらい前から観てます。
一昨年のM-1はチュートリアルが断トツでした。
で、去年はサンドウィッチマンが1番でしたね。
個人的にはトータルテンボスも好きです。
サンドウィッチマンはお二人がとても仲良くて、観ていても感じが良いです。
最近は、売れるとネタをやらなくなる(やらないのか、やらせてもらえないのかはわかりませんが)芸人さんが多いので、ちょっと残念ですよね。

>はなみずきさん、おーぅ笑いの好み、合いますか?
サンドウィッチマンは適度にシュールで、年代問わず笑えて(うちの父も笑ってたし)技術があって、ってとこがいいですよねー。

初めてM-1というものを見ました!サンドウィッチマンが面白いっていうから。うーん・・・どうやらmamiさんとは笑いの好みが似ているようだ。。。笑。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10025316

この記事へのトラックバック一覧です: サンド:

« 夢一夜 | トップページ | 寿初春大歌舞伎・夜の部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ