« 今月の見納め | トップページ | ひきはじめが肝心 »

2008/01/27

病は気から?

ここ1,2年某老舗デパートの仕事を受けております。
ま、完全な業務委託形式なので、基本的に家でプラン・適当な場所で打ち合わせ、ということになっておりますが
ときには某デパートの売り場内・打ち合わせルームなどですることもあります。
なんせ老舗ですから、非常に売り場はキレイ…
ですが、半日ここにいると必ず喉にきます。
空気の乾燥?多数の人込みによる埃とか雑菌とか…?

正直申しまして
商業施設というものは基本的に窓を開けない。
空調管理はすべて建築的処理にかかっているわけで
しかも多数の人が常に動いていて、空気も当然常識を超えた動きをしているわけで
快適な環境づくりは相当難しい。

今日も帰ってきてから、念入りにうがいをしましたが
のどの調子がやっぱり、いまみっつくらいでございますよ。
混雑している劇場ではなんともないのにねえ。。。

…あっ。ワタクシの心持ちに問題があります?
(^-^;

« 今月の見納め | トップページ | ひきはじめが肝心 »

コメント

>edaatsさん、なるほどー。私は子供のころは、ちょっとした熱とかですと、母秘伝(?)の「ネギ湯」を飲むと治っちゃいましたね。「これで治るんだ」っていう一種自己暗示もあるのかもしれませんよね。

>二郎さん、商業施設も住宅も、換気回数などの基準が設定されていますが、ちょっと古い施設になったりすると、不十分なことも…。なにより、カラダで感じる環境基準のほうが正確かもしれませんね。
あまり施設に頼らず自分で防衛したほうがよさそうです(^-^)気をつけないといけませんね。

実は医薬品関係の仕事をしてますが、たとえば頭痛なんか偽のくすりを飲ませても30%は治るんです。
やっぱり病は気からの部分が大きいです。

久しぶりに横浜の二郎さんのコメントが・・・・
懐かしいです。(*^_^*)

こんばんは。
なるほど、確かにデパートなどは空気が十分に換気されないかもしれませんね。設計上では換気回数が計算されているのでしょうが・・・。
寒い日々が続いていますが、ご自愛下さいませ。

>edaatsさん、edaatsさんもですか!笑
一月のお楽しみはもう終わっちゃったので…寂しいから風邪ひいたのかしら…なんて、ウソウソ。
きっと気のせいです。そう思って治します(^-^)

私も寄席に行っても芝居小屋でも問題ありませんが、仕事で会議室に閉じこもると駄目になりますよ。

(^^♪

>カビリアさん、うふふ。そうですよね♪
いまの季節はだいたい、すごく乾燥しているし、埃っぽいし、なかなか良い環境にするのは難しいかもしれません。
本当に、観劇したら治っちゃうかもー(^-^)
カビリアさんなら、ライブかしらー?

うふふ。mamiさん「病は気から」といいますものね♪

確かに考えると、商業施設は環境良くないですよね。体が弱っているときに行くと、たいてい具合が悪くなちゃったりしますし。
のどの具合はいかがですか?おかしいと思ったときにちゃんと治せるといいですが・・・お大事になさってくださいね。
(舞台を観に行くのが、一番の薬だったりして♪)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10105844

この記事へのトラックバック一覧です: 病は気から?:

« 今月の見納め | トップページ | ひきはじめが肝心 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ