« 寒いじゃないか。 | トップページ | 「小町村芝居正月」 »

2008/01/18

国立劇場

やっと行ってきました(^-^)
お正月の毎日のような観劇スケジュールから、久々な感じ。
今日は、歌舞伎を初めて見る年下の友人と一緒に行ったので、休憩時間もなにやら忙しく(笑)劇場内を探検(?)したり、お土産物を見たり、なんと私なんかがお芝居の説明をしちゃったり。
歌舞伎では、同じ演目の中でひとり何役もやるじゃないですか。
友人にとってそれは混乱のもとだったらしく、「今度はなんで女になっちゃったの?」
あるいはお化粧をしているためお顔の区別がつきにくいらしく「さっきの人と同じでしょ?」という人が全然違う人だったり。
いちおうイヤホンガイドは聞いてもらっていたんですが、新鮮な質問がたくさんきちゃって、そうかそういうことが不思議なのかーと、私も楽しかったです。
友人もしっかり楽しんだようで、終わる頃には少々興奮ぎみに「面白かった〜!」を連発。
初めての人を連れてくると、楽しんでくれるかなと私もちょっと緊張するんですが、良かった良かった♪

ちなみに、友人は菊之助さんにすっかりノックアウトされたようでした(笑)

200801181924000200801181925000
凧に描かれた小野小町と大伴黒主。
シャンデリアも、入れてみた。。。

感想は、また後ほど。

« 寒いじゃないか。 | トップページ | 「小町村芝居正月」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/9955084

この記事へのトラックバック一覧です: 国立劇場:

« 寒いじゃないか。 | トップページ | 「小町村芝居正月」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ