« 今月の一本:2008/1 | トップページ | 伝統文化セミナー「はじめての能狂言」 »

2008/02/01

2007年度歌舞伎ベスト3

毎年「ご機嫌!歌舞伎ライフ」@yukiさんで行われている“2007年、あなたが一番好きだった歌舞伎”のアンケート集計結果が発表されています。
コチラ

昨日が集計締め切り日だったと思いますのに、お仕事の速さにびっくり!
そして、今回は私も、アンケートに初参加させていただきましたので、結果もいつも以上に楽しみにさせていただいておりました。

それによると東京編のベスト3は
東京篇

第一位 62点
通し狂言「仮名手本忠臣蔵」
2月歌舞伎座
菊五郎、富十郎、吉右衛門、魁春、梅玉、時蔵、左團次、
信二郎、東蔵、翫雀、仁左衛門、玉三郎、

第二位 41点
通し狂言「摂州合邦辻」
11月国立劇場
藤十郎、三津五郎、扇雀、進之介、秀太郎、愛之助、吉弥、我當

第三位 34点
通し狂言「義経千本桜」
3月歌舞伎座
菊五郎、福助、梅玉、左團次、幸四郎、藤十郎、芝翫、
仁左衛門、秀太郎、東蔵、扇雀、 時蔵、孝太郎、
我當、 彦三郎、田之助

ということで、なるほどと得心する結果。
私が投票したものはこのうち「摂州合邦辻」のみでしたが、「通し狂言」で見るとあらためて様々な場面のつながりや意味が感じ取られたことも数多くありました。
時間的に壮大なものにはなるけれど、みとり狂言よりも通し狂言の方が見応えはあるのは間違いなく、今後もこうした企画は大歓迎。ただ、これは何度も観ている人でないと、わからないかもしれませんね。

この「東京編」のほかに「全国編」もあり、東京以外の国内公演のみならず、パリオペラ座の公演も入っていたのも感動的でありました。

ちなみに、私はどれも心に残って苦しい選択、ようやく三演目絞りましたのが下記のもの。
一位 10月浅草「奥州安達原」
二位 11月国立「摂州合邦辻」
三位 9月歌舞伎座「壇浦兜軍記」
ちなみに四位以下も挙げさせていただけるとしたら
四位 8月歌舞伎座「NINAGAWA十二夜」
五位 1月歌舞伎座「俊寛」
…そのほかにも、あれもよかったこれもよかったと、たくさんあるんですけどね。

yukiさんには、演目リストまでおつくりいただき、楽しみな企画をしていただいて、本当に感謝しております。
こうして、去年観た演目を総ざらいしみつめなおすことで、順位をつけるという以上に、また自身の中でいろいろな演目が深まっていったような気がいたしました。

« 今月の一本:2008/1 | トップページ | 伝統文化セミナー「はじめての能狂言」 »

コメント

>yukiさん、わざわざこちらに足跡残してくださってありがとうございます。
そうでしたか、都度つど集計されてたのですね。ご苦労様でした&ありがとうございました。
最後のメールの方、きっとぎりぎりまで迷われてたんでしょうね(^-^)あらためて考えると、ほんとうにどれも捨てがたくなってしまって、楽しいながらひと苦労でした(笑)
来年もこちらこそよろしくお願いいたします。

>SwingingFjisanさん、本当に早かったですねえ。
パリ公演もなるほど、東京以外ですから立派にエントリー項目だったわけですね。歌舞伎はほんとうに、いろいろなところで上演されているので、何があったか?どんなだったか?思い出すだけでもひと苦労です。
「摂州」は良かったですね。あのときばかりは藤十郎さんのお芝居に、心底惚れました。(^-^)

mamiさん、こんばんは!
このたびはアンケートに御協力いただき、また集計結果を早速紹介してくださいまして、ありがとうございました。
回答をいただくつどに集計していくので、締め切りと同時に結果をアップできたというわけなんです。
ちなみに最後に回答してくださった方のメールは締め切り1分前に着きました。^^;
来年もまたよろしくお願いいたします。

ホント、集計早かったですね。まだまだだと思っていたところ、mamiさんのこの記事で知り、早速飛んでみました。
なるほど、パリの公演も投票できたのですね。そういうアタマはまったくありませんでした(硬い硬い)。
ちなみに、私も「摂州」は2位に入れました。mamiさんご同様、ベスト3に入っていたのはこれ1本。去年は、これっとパッと頭に浮かぶものがなく、あれもよかった、これもよかった、でずいぶん悩みました(^^)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10185769

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年度歌舞伎ベスト3:

« 今月の一本:2008/1 | トップページ | 伝統文化セミナー「はじめての能狂言」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ