« 今月の歌舞伎座 | トップページ | わくわく »

2008/02/16

花粉襲来?

寒い日が続く中、今日は日中は比較的うららかな気候。
花粉が少々飛びはじめたようで、花粉症の方々が「鼻が、鼻が〜」と(いまのところはまだ軽い)悲鳴をあげていました。

私は、花粉症ではないのですが、この時期比較的涼しい顔をしていると、花粉症の友人に「急にくるわよ〜」「今年から、なるかもよ〜」と、なかば恨めしそうにおどかされています(^-^;。
たしかに、いつかくるのかと思うと、オソロシイ。
でも、きっとこないだろうと念じています。
だって、ほんとうにつらそうなんだもん。

薬があるとはいえ、あまり使い過ぎるのも心配だし、かといって使わなければ日常生活に支障がありまくりだし、花粉症の方はほんとうに憂鬱ですよね。
ティッシュの箱を抱えて歩きたい気持ちがわかります。

ティッシュといえば、今日テレビでフィギュアスケートをやっていて、安藤美姫ちゃんのコーチ・ニコライさんがずーっとティッシュの箱を持って美姫ちゃんのそばにいたのが妙に印象的。
リンクサイドだけでなく控えの廊下(?)にいるときもそうしてましたからね(笑)
…ティッシュの君がいるなんて、いいなあ。
いえ、ニコライさんはものすごく有能なコーチでコリオグラファーで、ティッシュ持つ人じゃありませんて(笑)念のため。
ところで、なんで男子のほうはちゃんとテレビ放送してくれないんだ。女子に比べて扱いの差が確実にあるぞ。
高橋くんだって、すごいのにぃー。

こういうスポーツ選手とか、役者さんとか、もし花粉症だったら大変ですね。
どうしてるんだろう。気力…だけじゃ治りませんよね、いくら鍛錬してたって。。。


« 今月の歌舞伎座 | トップページ | わくわく »

コメント

>みゅぅさん、夫婦揃って「まだ」組とは幸せですよ。
片方が花粉症だと、そうでないほうはホントは窓だって開けたいのに開けられないし、布団も干せないし、なにかと大変ですもの。
「まだ」組でふんばって(?)くださいね。

>SwingingFjisanさん、だんだんいい気候になってくるのに、窓を開けられないのはちょっと勿体ないですよね。お布団も外に干せないし…。
でも外に出ないわけにもいかないですから、ほんとうに厄介な季節ですよね。いつ頃からこんなふうになったのかしら?昔の人は花粉症なんてあったんでしょうかねえ。
なんだか、いろんなもののバランスが崩れて起きる「現代病」(病気なのかしら?)のような気もします。
SwingingFjisanさんも、しっかり防御してくださいね。…といって、やはりどうすればいいのやら。。。

こんにちわ。
私も「まだ」組です。
mamiさんのように、「急に来るよ~」と何度言われたことか。
今年も大丈夫な予感。
主人も「まだ」組なので、お布団や洗濯物も気にしないで外に干してます。

mamiさんは、「まだ」花粉症ではないのですね。羨ましいです。私など、今朝も雨戸を開けたとたん、クシャミの連発です。
かつて、江川投手が花粉症でどうこう言っていましたね。たしかに花粉症になると目や鼻の症状だけでなく、頭が重く眠くなるのがキビシイです。
お友達がおっしゃるように、mamiさんも油断大敵ですわよ~(と言って、今花粉症でない方がどうやって予防したらいいのか、わかりませんが)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10556052

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉襲来?:

« 今月の歌舞伎座 | トップページ | わくわく »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ