« 映画「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」 | トップページ | 二択 »

2008/02/12

轟音

いま私が住んでいるマンション、主に冬場の、ことに夜間、ゴォーーーンンという唸りが響くことがある。
最初はなんだろうかと思い、外に出て確認したりしたが、どうもこのマンションから音が出ている。
思うに、このマンション、希望した住戸については、空調配管を建物内を通して屋上に上げ、そこに室外機を置いているのだが、このダクトの太さ(というか処理能力)が適当でないんじゃないだろうか。
この前、マンション玄関の前まで出て確認したら、マンションの上のほうで響いてたのよね。
この建物ができてほぼ10年経つので、その間に住民の持つ空調設備の容量が格段に上がったのかもしれない。
それにしても、こんなうるさい音、しかも夜に、ご近所は迷惑だろう。住んでいる私だってすごーくうるさい。
原因はよくわからないけれど、(空調云々というのは私のただの仮説)なにか改善策はないのかなあ。
管理会社とかに言っても、のらりくらりだしー。。。

「轟音」といえば松尾スズキ(ずいぶん前に大人計画が、荻野目慶子さん主演でやった舞台のタイトル)を思い出す。
「轟音」は「業」の「音」で「go on」だ。
ひとつの事象で(しかもこの場合こんな短いタイトルで)何層にもその意味が入り組んでいることに驚かされる。
なにごとも、複雑に構成されるけど、もとをただせばシンプルだ。
それが、この世の本質だ。

マンションの轟音も、きっと複雑にいろんな事情を入り組ませた結果、起こっていることだろうと思うけど、シンプルめざして事を整理していくと解消されるのかも。
これを書いてる間も、轟音が、鳴ってはやみ、また鳴っている。

« 映画「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」 | トップページ | 二択 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10469008

この記事へのトラックバック一覧です: 轟音:

« 映画「歌舞伎役者 片岡仁左衛門」 | トップページ | 二択 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ