« わくわく | トップページ | 博多座感激記(^-^) »

2008/02/20

博多座

無事に戻ってまいりました。
寝坊もせず(笑)トラブルもなくお天気もよく。
ほんとうに楽しませていただきました。

考えてみれば私、歌舞伎では初遠征なんですよね。
いつも東京在住を思いきり享受して、地方には出かけてませんでした。(遠方から東京に来られる方、ごめんなさいっ!)
でも今回は、亀治郎さんの蜘蛛の糸にまんまとひっかかり絡めとられてしまいました〜(笑)

博多座は噂に聞く通り、空港からは近いし、劇場はきれいだし、客席も見やすいし、お土産やお弁当もたくさんあって見るだけで楽しい!
それになんか、博多のひとってとってもホットで、客席がアツいんです。それも楽しかった。

えーと、ものすごーく良くって、楽しくって、わくわくした、そんな博多座だったんですが、どこから語ろうか?どれも語りたくて、口がななつあっても足りないくらい。(何故ななつなのだ)
なのですこぅしキモチを落ち着かせて、まとめてから書き出そうかなと思っております。
千穐楽の前には、書き終わろうと思ってます、いちおう(笑)

東京で観るときと違って、遠征って、歌舞伎のことだけずーっと考えてられて、それもすごくシアワセだったのだわheart02

Rimg0055Rimg0057

« わくわく | トップページ | 博多座感激記(^-^) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10650893

この記事へのトラックバック一覧です: 博多座:

« わくわく | トップページ | 博多座感激記(^-^) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ