« おしらせ | トップページ | 「きのね」 »

2008/02/26

梅が香に

2月20日@博多。
博多座の感激の一日の翌日、せっかくなので太宰府天満宮まで足をのばしました。
朝早めに出かけて。思ったより博多からは近いんですね。
お天気もよく暖かい日で、梅も咲きほころび、観光にはもってこい!な日よりでしたnotes

Rimg0005
「団子売」の背景にもなっていた太鼓橋。
階段になっていて、びっくりしました。
昔からなれ親しんでいる鎌倉八幡宮にも太鼓橋があるのですが、これはつるんとした普通の石の床で、現在は通行止めになっていると思いますが、私の幼少の頃はこの橋を通ることができました。
通る、っていってもほんとうに半円を描く太鼓橋なので、十メートルくらい手前から勢いをつけて、猛ダッシュで登ったという楽しい記憶があります。
太鼓橋といえばそんなものをイメージしてたのでcoldsweats01

Rimg0022Rimg0038
ご神木の飛梅。7〜8分咲きくらいでしょうか。
毎年、こうして春を忘れず香りをはなっているのですね。
菅公といえば仁左さんのお顔が浮かんでしまいますー。

Rimg0032
お手水舎の水底に、亀がー!happy02除災延齢を司る神亀だそうです。
亀様贔屓としてははずせません。

Rimg0039Rimg0040
Rimg0048Rimg0049
白梅、紅梅。
満開の桜は春の盛りを告げて華やいだ雰囲気ですが、梅はこれから見る春への期待を膨らませてくれます。

急きょ決心した博多行き、あわただしいものでしたが一泊できて、お芝居は満喫し、太宰府の梅にも会うことができて、とても楽しい旅となりました。
また花形歌舞伎のときには、きっと訪れたいと思います。

« おしらせ | トップページ | 「きのね」 »

コメント

>edaatsさん、こんばんは。
月も朧に…ってことで、春向けに変えてみましたcherryblossom
梅ケ枝餅、もちろんいただきましたよ!参道で焼き立てをほおばり、お土産にも買ってきて…いま我が家の冷凍庫にも入っています(欲張り)。
梅の時期に行くことができてとーっても良かったです。
しかし博多にお住まいの時期もあったんですねー。こんど博多に行くときはポイント教えてくださいね。

スキン変更されたんですね。

梅ヶ枝餅について触れていませんが、もちろん召し上がったことと思います。
大好きで博多在住時代はしょっちゅう食べに行ってました。(^^♪
懐かしいなぁー・・・・ 

>みゅぅさん、はい、満喫して参りましたheart
関東のほうは梅はこれからでしょうか。まだ寒い時期に咲いてくれるので、これから春の来るのだと実感できますよね。
近場での梅見にも、ぜひ行きたいものです。

こんにちわ。
博多、満喫されてきたんですね。
博多の歌舞伎ファンの方のホットさも読んでいて楽しくなりました。
私も感情を人前で出すのは苦手です…。

博多は梅がかなり咲いているんですね。
こちらはまだまだちらほらですものね。
去年は3月3日に水戸の偕楽園に梅の花を見に行きほぼ満開(ちょっと遅かったくらい)でしたが、今年は3月中旬以降が見頃だとか。
今年は冬らしい冬でした。

>erikoさん、梅を見ると春の予感がしますよね!あのまるさが、良いのでしょうね。
こんどは近場で、梅を見に鎌倉にも行ってみようかなと思います。鎌倉にも菅公をまつっている神社がありますのでcherryblossom

>SwingingFjisanさん、ほんとうに、梅、見ごろで。温かくてまあるい感じで、ほっこりするんですよね、梅って。
亀さんにも出会えたし(笑)ほくほくして帰ってきました。
飛行機の席、通路側のほうが気を使わずにすむので、私もいつも迷うのですが、今回は窓側に。月はキレイでしたー。地上で見るより、宇宙の中にいる感じでしたmoon3

梅きれいですね!
まだまだ寒い日が続いていますが、春が近いな~って思いましたcherryblossom

お写真、拝見しました。
亀さん、よく見つけられましたねgood。私は去年、気付きませんでした~。梅も見頃でしたね。
最後の飛行機からの写真も素敵。国内線は窓際がいいなあと思いながら、いつもついつい通路側を取ってしまうので、こういう写真には見入ってしまいますeye(^^)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10752118

この記事へのトラックバック一覧です: 梅が香に:

« おしらせ | トップページ | 「きのね」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ