« 轟音 | トップページ | 今月の歌舞伎座 »

2008/02/13

二択

新築物件の施主と打ち合わせ。

家をつくるにあたりものごとを決めていくときに、おおまかに分けるとふたつのタイプがある。
ひとつは、自分の気にいったものを見つけるまで、とことん探すタイプ。ショールームにも行くし、ありとあらゆるカタログや雑誌を見たり、ネットで探しまくる。
もうひとつは、探すのが億劫なタイプ。あまりいろいろなものを見るとわけがわからなくなってしまうので(そこを自覚しているところがエライ)ある程度ピックアップされたところから、それでも多少は選ぶ自由も欲しい。

今日の方は後者のタイプ。
意見はわりとはっきりしているのだが、「自分でイメージをつくれないので、だいたいの感じを言うから、そしたらそんなイメージで探して下さい」と。
ここまではよくいるのだが、そのあと、「できれば二択でお願いします」
え?
「ふたつに一つだったらどっちが好きかわかるけど、たくさんあったらどれが好きかわからなくなっちゃうんで…」

で、結局、yes/noチャートをやってもらうみたいな進め方に。
たとえば…
「グレーとベージュ、どっちが好きですか?」
グレーといったなら
「赤みのグレー、青みのグレー、どっちが好きですか?」
「ではその中のさし色、ブルーとブラック、どちらがいいですか?」
→ゴール!あなたは青みのグレーに濃いブルーを合わせたのが好きなんですねー!
…みたいな。

意外と早くいろんなものが決まりました。
打ち合わせしながら瞬時に二択を考えるほうが、たいへんでした。

« 轟音 | トップページ | 今月の歌舞伎座 »

コメント

>みゅぅさん、迷うのもまた楽しいことです。悩んだ末決めたもののほうが満足度も高いですし。
まあでも「ころあい」というのもありますよね。
今回のお施主さんは、ご自分のことよくわかっているので、有り難かったです。

>erikoさん、ほんとうにいますよーいつまでも決められない方!きりがないんですよね、迷うと。新しい商品や情報がどんどん出てきますしね。最終的には、その人の持っている決断力にかかってきます。
私たちがいくらいい提案しても、決めるのはお施主さんなんで(笑)

こんにちわ。
面白いですね。
でも、二択にするの、本当に大変ですね。
自分が分かってるお客様なんですね。
選択肢が多いほど迷いますものね。
妹も家を建ててるんですが、大いに悩んでました。
見ていて面白かったです。

いろんなお客様がいますもんね。私は打ち合わせに参加したりはしない仕事ですが、周りの人が打ち合わせをしているので話を耳にすると、何回やっても決められない人がいるという話も聞きます^^
二択ならいいですね~(ご本人が自覚していてそれでいいというならですが)
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10469316

この記事へのトラックバック一覧です: 二択:

« 轟音 | トップページ | 今月の歌舞伎座 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ