« 亀ちゃんの巡業 | トップページ | ユメ7 »

2008/03/02

今月の一本:2008/2

もう3月も2日になってしまったけど
ほんとうは うるう年の2月の29日にしようと思っていたことで。
4年に一度の機会を逃しちゃったよ。トホホー。

気をとりなおして

せっかくいろいろ観せていただいているので
それなのに一年も経つとかなり忘れているので
では一月ごとに、お芝居とか映画とかアートとか
もろもろひっくるめて心に残ったものをまとめてみようかと
ふと先月思ったわけさ。

2月はあまり本数は観ませんでしたが
やっぱりこの一本!

「蜘蛛絲梓弦」@博多座

ところが
下馬評(わたくしひとりの下馬評なのであしからず)ではこれがぶっちぎり!
と思っておりましたが意外な伏兵(?)が…(笑)

「団子売」@博多座

…すみません、身贔屓かもしれませんが
この舞踊劇のはんなりさ可愛らしさキラキラ感といったら
このうえありませんでしたの。

ということで 2月はこの二本に
けってーい!shineshineshine

« 亀ちゃんの巡業 | トップページ | ユメ7 »

コメント

>SwingingFjisanさん、同感の方がいらして嬉しいですーheart
おふたり、ほんとうに可愛らしかったですものね。
巡業、期待の康楽館は7/4〜6、錦之助さんの座組でしたよhappy01亀ちゃんはどこに行くんでしょうね。6月はコクーンもありますし、6月7月はたいへんなことになりそうです。

同感同感。私も団子売という伏兵にしてやられましたlovely
巡業情報、ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10884681

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本:2008/2:

« 亀ちゃんの巡業 | トップページ | ユメ7 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ