« 目黒川桜だより13 | トップページ | 目黒川桜だより14 »

2008/03/27

三月大歌舞伎・夜の部

3月25日、歌舞伎座。
先日仕事のために、せっかく手にしていたチケットを無駄にしてしまい、悔しい思いをしていた夜の部、昼の「ヤマトタケル」千穐楽がはねたあと歌舞伎座に移動し、思いをとげることができました。
えへnotes

どうしても観たかった藤十郎さんの「京鹿子娘道成寺」ですが、
喜寿って、いくつのことでしたっけ?
山城屋さんて、妖術使いでしたっけ?
と思うほど、藤十郎さんのお若いこと綺麗なこと。
踊りも動きが若々しく美しく、「玉手御前」以来急上昇中の私の中での藤十郎さん熱、さらにうなぎのぼり。
また、上方の方のなさる花子を観たのも初めてなら「押し戻し」までを観たのも初めて。
團十郎さんの風格たるや、やはり東の荒事成田屋に極まれりといった貫禄で、もー大興奮いたしました。

とりあえずそんなことで。
簡単で失礼いたしますが、「ヤマトタケル」で感動したあと、歌舞伎座でまたまた興奮とあっては、ほとんど脳内スパーク状態なんですもん。
そのうち落ち着いたら、書きたくなったら、書き留めようかと思います。それはいつか来るのか?不明です(笑)。

« 目黒川桜だより13 | トップページ | 目黒川桜だより14 »

コメント

>SwingingFjisanさん、お返事が遅くなってスミマセン。
昼と夜、それぞれ全く毛色の違う「歌舞伎」だったので、脳内ロンドンパリ状態(?死語ですねーsweat02)で体力使いました(笑)。
食わず嫌いって、人生の損かもしれないですね。
とりあえず経験してみるのも貴重だと、今回あらためて思いました。

思いがけずお会いできたので、最初信じられず、何度も見てしまってcoldsweats01失礼いたしました。
あの興奮と感動を分かち合えて、とっても嬉しかったです〜heart04ありがとうございました。

昼と夜とで、それぞれ感動できて、本当によかったですね。
スーパー歌舞伎は私も一度テレビで見てあまりピンとこなかったのですが、「ヤマトタケル」ではまりました。私もmamiさんと同じく、これまで見ようとしなかったことをとても残念に思っています。
藤十郎さんのことも、mamiさんと同じ、玉手で株が急上昇upしました。5月歌舞伎座にもご出演のようですから、楽しみですね。

演舞場終演後、偶然にもお目にかかれて、嬉しく存じました。ヤマトタケルの興奮のままお喋りしてしまってごめんなさい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/11839116

この記事へのトラックバック一覧です: 三月大歌舞伎・夜の部:

« 目黒川桜だより13 | トップページ | 目黒川桜だより14 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ