« 目黒川桜だより6 | トップページ | 目黒川桜だより7 »

2008/03/20

歌舞伎座リベンジ!

夜の部には行きそびれ、昼の部も前半二演目を見逃している、今月の歌舞伎座。
今日、見逃していた昼の部「春の寿」「一谷嫩軍記」を、めでたく(?)観てまいりました〜happy01
嬉しかったなりーnotes

「春の寿」三番叟/萬歳/屋敷娘
舞踏三題。
めずらしく鳴物部隊が下手下座前に陣取り、長唄は後方正面・義太夫のときは上手後方に配され、かなりの人数編成のお囃子方。
傅左衛門さんのブログによると、この三題で長唄→義太夫→長唄、と変化するので打ち分けがたいへん難しいのだそうだ。
残念ながら私にはそこまで聴き分ける耳がございません…。
でも、聴き応えたっぷりで、お囃子好きとしてはとっても楽しめました。

それぞれの踊り手の俳優さんたちも、おめでたいはんなりした雰囲気や華やかな空気を纏って、花びらをふりまいているよう。
「三番叟」の翁・我當さんは千歳・進之助さんを引っ張っている感じで印象深く、また「屋敷娘」孝太郎さんが華やかでしっとりしていながらもちょっとおきゃんな感じが美しく。
それぞれ踊り手の個性が出ていたように思え、楽しめました。

「一谷嫩軍記」陣門・組打
これを楽しみにしてきましたが、途中ちょっと睡魔が…coldsweats01最初と後半の記憶はあるので、中盤で意識を失っていたらしく。
それにしても、藤十郎さんの若々しさといったら、物怪並ですよ!お顔なんて、むきタマゴみたい(雰囲気ですよ、雰囲気)につるんつるんですよ。所作から容姿から、悲劇の若武者・敦盛でした。
対する團十郎さん、重みのある科白と所作とともに、圧倒的な歌舞伎役者ぶり。
この方独特のおおらかさと、人間的な暖かさの深みが、なんともいえぬ雰囲気を出していました。
このおふたりが舞台にいるだけで、なにもしなくても「歌舞伎」だと思う。
血肉に「歌舞伎」というものが、染みわたったおふたりの、存在感の希有なことこのうえなし。
おお、それからね、「誰?カッコいいー!」と思ったら市蔵さんでした。役者っぷりがあがりまくっていましたわlovely

…見逃していた二本を観、続く「女伊達」「郭文章」にも後ろ髪を引かれながらも、所用あったので歌舞伎座を出、そのへんでお仕事しつつ、実はこの日に最初から組んでいた予定の「ヤマトタケル」に向かいましてございますsmile

« 目黒川桜だより6 | トップページ | 目黒川桜だより7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/11536550

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座リベンジ!:

« 目黒川桜だより6 | トップページ | 目黒川桜だより7 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ