« 横山大観@国立新美術館 | トップページ | 今月の一本:2008/2 »

2008/03/01

亀ちゃんの巡業

7月に亀治郎さんが巡業を行うのですが
演目は発表されましたが日程はまだ…ということで
調べてみたらこれだけはわかりました。(これしかわかんない)

7月1日(火)アミューたちかわ大ホール(東京)
7月4日(金)14:00 森のホール21大ホール(千葉)
7月20日(日)12:30/16:30 春日井市民会館(愛知)
7月26日(土)鎌倉芸術館(神奈川)

各プレイガイドや劇場で公開されているもの。
このたびの巡業は「東」ではなかったのかしらん?
はやく詳細がしりたい。。。

« 横山大観@国立新美術館 | トップページ | 今月の一本:2008/2 »

コメント

doremiさん、こんばんは。
「藤娘」を御覧になられたのですね。素敵だったでしょうね。
今回は鎌倉でゆっくりできるといいですね。暑い時期ではありますが、鶴岡八幡宮では蓮の花が見ごろかもしれませんよwink
日程については松竹か公文協のお知らせを待つしかないですが、待ち遠しいですね。どこに行けるか、また行きたいか、悩むことを想像して今からドキドキです。

昨秋、鎌倉芸術館に亀治郎さんの「藤娘」を観に行きました。初めて訪れる鎌倉だったので、翌日は観光する予定で楽しみにしていたのに、別の予定ができてしまい断念。こんなに早くリベンジのチャンスが来るなんて嬉しいです。とりあえず、携帯のスケジュールにいれました。できれば、まだ訪れたことのない東北とかも行ってみたいのですが、早く詳細が知りたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10864160

この記事へのトラックバック一覧です: 亀ちゃんの巡業:

« 横山大観@国立新美術館 | トップページ | 今月の一本:2008/2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ