« 啓蟄 | トップページ | 「きものがたり」 »

2008/03/06

三月大歌舞伎・昼の部

3月5日、歌舞伎座へ。
ところが午前中なにやかやの細かい仕事が重なって「春の寿」「一谷嫩軍記」が観れずweep
幕見などでぜひ観たいが時間が取れるだろうか。

とりあえず観ることのできた二演目の感想を。

「女伊達」
菊五郎さんかっこいい。
なみいる男伊達をさらりさらりと振払い。
ちょっと女性っぽく恥じらいつつ。

タテが変化に富んで工夫があり楽しい。
さすが菊五郎劇団、よく訓練されているといったふう。
最後に「おのえ」と描かれた傘を、組体操のピラミッド型をつくった四天たちがまわすのが美しく、たいそう盛り上がる。
方の力を抜いて楽しめる長唄舞踊。


「廓文章」吉田屋
仁左衛門さん扮する伊左衛門のチャラッぷりがなんとも笑えるシーンが多く、喜劇仕立てで楽しめる。
勘当されているわりにはなんだかお気楽そうに見える伊左衛門さん、なんだか憎めないお人。
待ちに待ってやっと夕霧(福助さん)が登場したときの、素直な喜びようったら。
夕霧の福助さんは、初役とのことでちょっと堅い印象だったが、月末にはもっとこなれるだろう。

いきなり勘当が解けて、夕霧の身請けのお金が運び込まれたりして、あれれっ急展開、みたいな終わり方だが、これもぜひ通しで観たいところ。
そうするとことの顛末にもっと辻褄つくんだろうなあ。


夜の部の開場が始まった、本日の歌舞伎座。
200803051555001 200803051558001

« 啓蟄 | トップページ | 「きものがたり」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/10992386

この記事へのトラックバック一覧です: 三月大歌舞伎・昼の部:

« 啓蟄 | トップページ | 「きものがたり」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ